« 「たわけ」さん、熱いコメントありがとう! | トップページ | グーグル、ユーチューブについて »

2009年12月 4日 (金)

NHKがなぜ、マイケル・ムーアに30分間を与えたのか?

 これは簡単だよなあ。

 公共放送こそ大事なんだ、っていうNHKのメッセージだよ。

 メディアは、株式会社、コーポレーションであってはならない、という話。

 TBSの意図も実はそうで、潰れかかっているんで公的資金で助けてほしいのよ。その布石。

 騙されちゃダメだよ。

 情報は、あなたにとって何番目に大事?

 水からか数えていったら、そんなに大事じゃないことに気づかない?

 阪神淡路大震災を取材したときも、みんな「ラジオ」とは言わなかった。携帯電話だよ、大事なのは。

 世界が変わるには、まず、マスコミが潰れなきゃいかん、とわしは思う。

 ジャーナリズムがまず、崩壊して、希望が見えてくるのよ。

 ウソばっかり書いて、すごく偉そうにしているやつがいなくなるだけで、風景は変わるよ。すっきりする。活力が沸く。

 最初は毎日新聞だと思う。次が朝日。そして、TBSだ。

 NHKについては、実際、国民にはもう払える金がないと思うよ。

 すぐにできる行動は、ポストに「新聞を入れないで」って張り紙をすることだ。

 NHKのかわいそうな老人集金人には「ごめん! 持ち合わせがない」と言い続けること。

 あとは、ネットのウソに流されないこと。

|

« 「たわけ」さん、熱いコメントありがとう! | トップページ | グーグル、ユーチューブについて »

コメント

たまたまtwitterで名前を見かけました。お元気そうでなにより。中野の空が懐かしい。

投稿: hanaoyaji | 2009年12月 4日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/32479539

この記事へのトラックバック一覧です: NHKがなぜ、マイケル・ムーアに30分間を与えたのか?:

« 「たわけ」さん、熱いコメントありがとう! | トップページ | グーグル、ユーチューブについて »