« おめでとう! セーム・シュルト選手 | トップページ | ヴァーミリアン »

2009年12月 6日 (日)

展開面から見たジャパンカップダート

 ポイントは、テンに一番速い馬が大外枠にいるということ。

 しかも、鞍上は和田騎手。

 先行しなきゃ怒られる、ってパターンでしょ?

 ビュンビュン行くよ。

 わし、田原元騎手に「大外に逃げ馬がいたら気になる?」って聞いたことあったんだけど、やっぱ、気になるみたいよ。

 確実に前半が速くなる。

 佐藤騎手も逃げてなんぼなんでハナを主張する。

 そこでアンカツ先生が、ペースを読んでるわけさ。

 本来なら、武豊騎手が、ハナ差抜け出すマジックを狙ってなきゃいけないんだけど、ハイペースになったら、もう、往年の魔術は使えないよ。

 内田騎手はうまいけど、前半、こういう流れになると、馬にかかるストレスはすごい。

 サクセスブロッケンのもろさは精神面だとわしは思う。

 後ろにいるジョッキーは気楽でしょ?

 展開予想なら、推進力で、藤田騎手のメイショウトウコンなんじゃない?

 実績もあるし。

 もちろん、ハイペースで折り合うのがワンダースピードだと信じて予想は変えないけど。

 多分、コースのレコードタイムが出る。

 ワンダーアキュートが逃げ切り勝ち、ってのがあるのも競馬なんだけど。

|

« おめでとう! セーム・シュルト選手 | トップページ | ヴァーミリアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/32505078

この記事へのトラックバック一覧です: 展開面から見たジャパンカップダート:

« おめでとう! セーム・シュルト選手 | トップページ | ヴァーミリアン »