« コメント、ありがとう! | トップページ | NHKスペシャル(録画)を観ながら、わしも考えた »

2009年11月18日 (水)

是非、書いて!「通りすがり」さん

 10人組でプリンターとか持って、WINSに行けば、儲かる、ってことですよね。

 お願いします。書いてください。

|

« コメント、ありがとう! | トップページ | NHKスペシャル(録画)を観ながら、わしも考えた »

コメント

中田さんは、アラン・ウッズとかウィリアム・ベンター、ロバート・ムーアといったギャンブラーの名前を聞いたことはあるでしょうか?
また、香港には競馬の攻略チーム(複数)があって、コンピュータで競馬分析を行い、巨大な利益を稼いでいる、ということは?

最初にアラン・ウッズから話す必要があります。
2008年に癌で亡くなりました(62歳)が、生前は世界で3本の指に入ると言われた大物ギャンブラーです。
オーストラリア人。
簡単に紹介すると、コンピュータを使い、競馬で大勝ちするという偉業を成し遂げた人。

死亡した時の記事。

▼オーストラリアの全国紙 The Australian
http://www.theaustralian.com.au/news/story-e6frg7mo-1111115456105
同様の記事は、検索で簡単に見つかると思います。
いくつか引用を・・・

His fortune at the time of his death was estimated at $670 million.

(拙訳)死亡時の遺産は $670 millionと推計される。

million(ミリオン)は、1000,000でゼロが6個。
2008年1月頃のオーストラリアドルは100円前後と記憶してますので計算をすると、
670×1000000×100=670億
死亡時の遺産は、670億円(笑)

It has been estimated the input to annual turnover by Woods and his syndicate was about 2 per cent.

(拙訳)(香港競馬の)毎年の売り上げのうち、ウッズと彼のシンジケートが投じた金額は、約2パーセントと推計される。

香港競馬は、9月に始まり、翌6月に終わります。
最近の香港競馬の売り上げは、日本円に換算して9273億円だったという報告があります。

▼香港競馬事情(JRAの関連サイトでの石川ワタルさんの記事)
http://prc.jp/jraracingviewer/contents/hongkong08/history/index.html

9273億円×2パーセント=185億4600万円
上記金額を賭けたと言うこと。
単純計算で、3年間だと、556億3800万円分の馬券を買ったということになります。
儲かっているということは、その金額以上の払い戻しを受けたということになります。

日本では無名に近いですが、欧米では彼について何冊か本が書かれています。
私の知る限りでは 以下の3冊の本に、アラン・ウッズについて書かれた部分があります。

▼Gambling Wizards: Conversations with the World's Greatest Gamblers
http://www.amazon.com/dp/0929712056/

▼Gambling: A Story of Triumph and Disaster
http://www.amazon.com/dp/0340897198

▼Fortune's Formula: The Untold Story of the Scientific Betting System That Beat the Casinos and Wall Street
http://www.amazon.com/dp/0809045990

最後の本は翻訳も出ています。

投稿: 通りすがり | 2009年11月18日 (水) 23時10分

▼天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話
http://www.amazon.co.jp/dp/479176305X/

この本の主人公は、エドワード・ソープ(BJの攻略法で有名な人)なのですが、ギャンブルと投資に数学的アプローチを持ち込むとどうなるか?ということでアラン・ウッズが登場します。
幾つか引用します。

(引用)
1970年代、アラン・ウッズというプロのブラックジャック師がいて、まさにこの問題(プロがカジノで出入禁止になること)を処理した。
ウッズはソープのブラックジャックの本を読んで、競馬にも同じようなことができないかと考えた。
(引用終わり)


(引用)
ベンターがプログラムを書き、シモンズが馬と騎手に関する過去のデータを集め、ウッズがおよそ15万ドルという元手を提供した。プログラムを動かすまでに何年かかかった。ベンターのコンピュータ上のモデルは、最適の賭け金の割り振りを指定するために、部分ケリー方式を用いていた。
(引用終わり)

(引用)
ウィリアム・ジェンバは、香港の一流のコンピュータ・チームはうまくいけば1シーズン1億ドル稼げて、その半分はチームの主催者へ行くと試算した。
ウッズ自身は1億5000万ドルを稼いだという。
(引用終わり)

投稿: 通りすがり | 2009年11月18日 (水) 23時26分

中田さんは書きました。
>10人組でプリンターとか持って、WINS
>に行けば、儲かる、ってことですよね。

「天才数学者~」から、さらに引用します。

(引用)
コンピュータによる賭けチームの運営は、労働集約的だ。馬券売り場の窓口へ100人もの人を走らせなければならず、
(引用終わり)

笑。

たしかに1シーズンに日本円で100億円以上も稼げれば、10人どころか100人だって雇えます・・・

長文になりました。
明日以降、続きを書いても良いですか?

投稿: 通りすがり | 2009年11月18日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/32256401

この記事へのトラックバック一覧です: 是非、書いて!「通りすがり」さん:

« コメント、ありがとう! | トップページ | NHKスペシャル(録画)を観ながら、わしも考えた »