« ウオッカ、ブエナビスタが負けても、競馬をやり続ける秘訣 | トップページ | 「通りすがり」さん、コメントありがとう! »

2009年11月18日 (水)

税収(法人税収だっけ?)が37兆円 民主党政権の予算は95兆円

 福祉国家に舵を切ろうとした途端、法人税がぜんぜん入らなくなった。

 資本主義社会が崩壊したからね。

 昨日、わしの借家の目の前のドンキで680円のジーンズを見た。

 あれ、欲しい商品ですか?

 価格競争だけ「レース・トゥ・ボトム」の果てまで行って、商品にはもう「差異」はない。魅力がない。わくわくさせてくれるものが何もない。

 これが、資本主義の終わりなのである。

 で、わしに今日起こっているのは、出版社の深刻な人手不足だ。

 わしに「突貫工事をせよ!」と言っておいて、ひとりの編集者が何本も仕事を抱えているため、「直し」の場も作れない。

 文字を商品にする商売で「直し」が一番重要なのである。

 わしの修行時代はそうだった。『ブルータス』はわしが書いた2行のキャプションを20数回直すように命じた。そうやって、「世界一の雑誌」ができてたんだとわしは思う。

 すぐに「直し」の作業に入って、書き手と編集者が深夜まで議論を戦わす。

 それが、わしの業界を支えていた。

 エロ本だってそうだよ。裸のグラビアの「影がエロじゃない」とか言って、撮りなおしとかいっぱいあって、一番芯が疲れる職場だった。

 崩壊したね。完全に。

 じゃあ、読者はどう言っているのか?

 アメリカでは新聞がバタバタと破綻しているが、

「なくなってもいいよ。どうせ、ウソしか書いてないんだから」

 ネットを見て確認しなければ、本当のことはわからない。

 そこまできてるって!

 確か、毎日新聞が「破綻した新聞社は公的資金を入れてもいい」といったような学者の意見を活字にしていたが、バカか?

 毎日新聞が「日本航空化」したとき、世界は変わるよ。

 みんなが騙され、この世が映画『マトリックス』だったことに多くの人が気づく。

 不眠不休で働け、マスコミよ。

「騙しやがって」と言われるその日まで。

|

« ウオッカ、ブエナビスタが負けても、競馬をやり続ける秘訣 | トップページ | 「通りすがり」さん、コメントありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/32267647

この記事へのトラックバック一覧です: 税収(法人税収だっけ?)が37兆円 民主党政権の予算は95兆円:

« ウオッカ、ブエナビスタが負けても、競馬をやり続ける秘訣 | トップページ | 「通りすがり」さん、コメントありがとう! »