« 見たか!? ノリの推進力! 毎日王冠 | トップページ | 成田空港ってダメじゃん、と、今頃気がつくこの国 »

2009年10月13日 (火)

「甲府」さん、コメントありがとう!

 ファンから見る「チームカラー」ってのは、「弱い」でもいいのよ。

 でも、今の阪神タイガースには、「プロの弱さ」がない。

 わしが好きだったタイガースは……。

 選手個人の美学のために「いらんこと」をする。

 その美学は、近代的個人のそれとしては「わけがわからん」もの。

 ゆえに、合理性から逸脱して、チームは負ける。

 しかし、そこには笑いがある。「ひとネタ」がある。

 それをファンは「愛嬌がある」などと言って偏愛する。

 選手、監督個人の「わけのわからなさ」が価値となる。

 2日間、球場で見ていたが、今の阪神にそんな「チームカラー」があるか!?

 おそらく、読売に追随して、札束のみで「すでに出来上がった個性」を引っ張ってきて、つぎはぎした結果がこれだ。

 偶然性の要素がバカみたいに高い(ポテンヒットなど)野球というジャンルは、貨幣価値を逆転、無意味化するところにこそ、存在意義があったのでは?

|

« 見たか!? ノリの推進力! 毎日王冠 | トップページ | 成田空港ってダメじゃん、と、今頃気がつくこの国 »

コメント

中田先生、本当にありがとうございます。

「川藤さんは、(昭和60年の)優勝の立役者のように言われてますけど、実はあの年、ヒットを5本しか打ってないんですよ(笑)」
「5点取られて4回で降板したのに、川藤さんに”ナイスピッチング!”って言われたんです。”5点取られたら6点取ればエエ。ウチなら取れる。だから、よう投げた”と・・」

池田親興さんが、仰っていました。
春団治氏は、まさに「いらんこと」の象徴でしたよね。

つまらないですよね、今のタイガースは。
徹底的に「いらんこと」を排除してしまう落合さんの野球は、もっとつまらないですが・・。

今宵は「新庄くんはアホじゃない」を再読しながら、しみじみします。

投稿: 甲府 | 2009年10月13日 (火) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/31764307

この記事へのトラックバック一覧です: 「甲府」さん、コメントありがとう!:

« 見たか!? ノリの推進力! 毎日王冠 | トップページ | 成田空港ってダメじゃん、と、今頃気がつくこの国 »