« 戸田競艇必勝法確変突入! | トップページ | 戸田競艇必勝法炸裂! »

2009年10月 6日 (火)

中国人の高笑いが聞こえる

 オリンピック招致で、アメリカが負け、日本が負けた。

 タイミングを合わせたかのように、温首相が金総書記と抱擁。

「パイレーツ・オブ・アデンベイ」(海賊)をでっち上げ、「世界の警察は人民解放軍である。もはや米軍ではない」とアピール。

 時代錯誤もはなはだしい軍事パレード。

 一連の出来事は、世界の権力構造が最悪の事態を迎えたことをわしらに知らせてはいないか?

 いやな気分になるので誰も表立っては言わないが、中国の権力者、中国人民の一部は今、こう考えている。

 ついに、社会主義が資本主義を打倒した!

 もし、わしが中国人だとしたら、やっぱり、どこかにそんな勝利感を抱いているはず。

 ソ連が崩壊して約20年、ずうっと「過去の遺物」呼ばわりされてきたんだから……。

 アメリカ連銀が、ドルを印刷しまくって、国内の金融機関を支えている?

 これ、中国人から観たら……。

 これぞまさしく社会主義。アメリカも我らが軍門に下った。

 当然、そうなるよ。

 グローバリズムは、いつしか、インターナショナリズムに先祖がえりしたのかもしれない。

 だからこそ、温首相は、義勇軍兵士として北朝鮮で死んだ毛沢東の息子の墓参りをして、こう言ったんだよ。

「祖国は強大になりました。安らかにお眠りください」

 毛沢東主義は死んではいない。否定されたわけじゃない。

 北朝鮮の主体思想も。

 最悪なのは、おそらく、中国、北朝鮮のアピールが、人類の大半に「いやーな感じ」だけをもたらしたこと。共感は多分、皆無であることだ。

 だって、中国は、国家権力と人間個人がぶつかったとき、これを武力、人殺しによって解決する、と言っているわけで。

 オバマの「核なき世界」(笑止千万)も冷や水を洪水のように浴びせかけられた。

 6カ国協議もぶっ飛びでしょ?

 さて、日本人はどうするか?

 言葉巧みに中国人を冷笑、侮辱する原稿を書いて、小銭を稼ぐか?

 それでも、中国人にモノを買ってもらわなければ、日本人は生きていけないので、何を言われてもじっと我慢か?

 でもね、我慢したところで、日本経済はどもならんよ。

 たとえば、日本製の優秀なトラクターを中国人に買わせるためには、値段を5分の1以下にしなきゃならないんだから。

 むちゃくちゃがんばって、値段を現地のものに近づけたとしても、次は、さらに安いコピー商品とのゲリラ戦になるかも。

 これ、我が祖国が直面する「ベトナム戦争」「アフガン戦争」のようなものではないか?

 つまり、泥沼の経済戦争だ。

 もし、わしが中国人なら、こう言って高笑いをするかもよ。

 我が祖国が勝つに決まっている。

 社会主義と大国・中国が勝利する!

 さあ、どうする、わしら!?

|

« 戸田競艇必勝法確変突入! | トップページ | 戸田競艇必勝法炸裂! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/31663921

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人の高笑いが聞こえる:

« 戸田競艇必勝法確変突入! | トップページ | 戸田競艇必勝法炸裂! »