« 「甲府」さん、わしも考えた | トップページ | 萩原朔太郎 寺山修司 町田康 杉作J太郎 »

2009年9月 4日 (金)

世界は粉々になって、倒壊する 小沢一郎への取材はなんだ!?

 小沢一郎の囲み取材を見ましたか?

 まず、まっさきにぶっ壊れたのは、自民党じゃなくて、マスコミだ。

 小沢の仏頂面を写真に撮ったって、誰も喜ばんよ。

 でも、「撮れませんでした」では、かっこつかないので、怒号を上げる馬鹿。

 小沢の言葉が聞こえんよ!

 わしのわずかな経験で解説すると、マスコミの取材が全部、出来レースになっている、ということだ。

 ベテランが現場を仕切って、全員が写真を撮れるようにするのが第一義で、そこで起こっていることを知ろうともしないんだよ、ジャーナリストが!

 黙ってまず、聞け!

 で、総理、閣僚、官僚の記者会見は、誰が何を質問するか、みんなわかっていて、自由な質問も、疑義の申し立ても拒絶される。

 まあ、ぶっちゃけ、人間が劣化している。

 今回のわしの記事のボツ事件も同様で、

「うちの雑誌ではこういう言葉は遣いません」

 と編集者が強弁して、わしが妥協する、の連続。誰に頼んでも原稿は、その雑誌の言葉で書かれる、という出来レースだ。

 それをやつらは「品質保証」だと思っているようだが、わしは、インプロビゼーション(感情の吐露)がなくなったら、この世は闇だと思う。

 プロレスラー全員が、ブルーザー・ブロディになったら、と想像してみてほしい。

 天龍源一郎、大仁田厚は、絶対に必要なんだよ。

 で、もっと深刻な問題は、「世界は情報でできている」と信じて疑わない者が、すごい勢いで増えていること。

 そういう風にしか世界と相対することができない人にとって、世界は、出来レースであり、品質保証のパッケージであり、明日に今日と何か違うことは起こりえない。

 わしは、週刊誌ジャーナリズムにチャレンジして負けたけど、チャレンジもしないやつばっかりになるんじゃないか?

盲獣 [DVD] DVD 盲獣 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これを観てください!

 岡本喜八監督の『肉弾』も。

真景累ケ淵 (岩波文庫) Book 真景累ケ淵 (岩波文庫)

著者:三遊亭 円朝
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 わしは今、これを読んでいるのだが、しみじみ思うよ。

 日本人は、自由で過激でチャレンジをしていた!

|

« 「甲府」さん、わしも考えた | トップページ | 萩原朔太郎 寺山修司 町田康 杉作J太郎 »

コメント

今回ばかりは完全同意、
全面賛成。

投稿: ピース | 2009年9月 4日 (金) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/31225535

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は粉々になって、倒壊する 小沢一郎への取材はなんだ!?:

« 「甲府」さん、わしも考えた | トップページ | 萩原朔太郎 寺山修司 町田康 杉作J太郎 »