« 全日本プロレスファンよ! | トップページ | 東スポ1面 編集長の冷笑 »

2009年6月15日 (月)

三沢光晴よ!

 わしが三沢さんに初めて会ったのが1997年9月。

 1995年に、グレート金山さん、ミスター珍さんが死んで、まだ若かったから、三沢さんには会いたくなかった。

 死に慣れていなかったし、三沢さんのプロレスは「いつか死人が出る」と思っていたからだ。

「死んだら死んだで、しゃあねえよな」

 わしより若い三沢さんの言葉。

 わしは何度もこの言葉を書いたが、書いて、いつも納得がいかなかった。

 今も納得がいかない。

 三沢さんは、わしが出会った人のなかで、最も死に近い、死にそうな人、であり、じゃあ、死んで、納得できるか?

 納得できない。

 三沢さんは死んだ。もし、それが本当なら誰のために死んだのか?

 自分のために?

 プロレスのために? 

|

« 全日本プロレスファンよ! | トップページ | 東スポ1面 編集長の冷笑 »

コメント

ドンちゃんのは悲しかった。 
嫁さんも見つけたばかりだったのに。 
しかも症状が落ちついたと思ったら、夜急変して。 ボクシング界はあれから日本だけで毎年の様に死んでる。 
脳に障害がある人なんて、何人いるか。 
怪我をしないで、引退する方が難しいなんて。 

投稿: 正義の味方3号 | 2009年6月17日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/30111998

この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴よ!:

« 全日本プロレスファンよ! | トップページ | 東スポ1面 編集長の冷笑 »