« ウオッカの単勝オッズを上げる会 | トップページ | マネー資本主義のウソ »

2009年5月17日 (日)

ウオッカの単勝オッズを上げる会解散

 必死の説得も空しく、単勝170円……。

 何人がこれを読んどるんじゃ!?

 いい競馬でしたなあ。

 次元の違い、とはまさにこれ。

 ダイワスカーレットとウオッカの時代は、やっぱりすごかった。

 しかし、わしのヒモ候補は揃って討ち死に。

 田端到さんは、、3連単、獲ったんだろうなあ。

 内の先行馬、クロフネ産駒、フレンチデピュティ産駒で8万馬券ですか?

 これ、わしら「スピードボーイ」には買えない馬券だよ。ブラボーデイジー、マイルは初距離で1800の持ちタイムも1分48秒1ですぜ。

 それとも、スローペース予想でサンデー系を買ったんでしょうか?

 で、調べてみたんだが、ここ3年、ヴィクトリアマイルはスローペースになっていない。コイウタが勝った2007年も相当に厳しいラップ。

 今、ネットを観たら「ヴィクトリアマイルは興味が持てない。レジネッタをちょっと買ってお茶を濁す」とのこと。

 よっしゃ!!

 単勝170円を200円買ったわしの勝ちじゃあ!!

 勝ってねえよ、それ。

「シュボババ!」やってる人は、サンデー系からの選択になったでしょ?

 わしの勝ちじゃあ!!

 だから、勝ってねえよ!!

 ベタだけど、「やまや」でスミノフ980円とトマトジュース。「オリジン弁当」で鶏のから揚げ270円。

 ああ、酒がうまい!

|

« ウオッカの単勝オッズを上げる会 | トップページ | マネー資本主義のウソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/29656328

この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカの単勝オッズを上げる会解散:

« ウオッカの単勝オッズを上げる会 | トップページ | マネー資本主義のウソ »