« 国際会議が開けない世界 | トップページ | スピード指数とラップタイム »

2009年4月13日 (月)

まいりました ブエナビスタ様

 桜花賞史上、最も劇的な勝利!

 4月の史上最強牝馬!

 アンカツ先生は、ホンマ天才!

 わしと同い年だよ!

 ブエナビスタは、自分からまくっていく動きはない。

 でも、アンカツ先生は動じない。

 前に、レッドデザイアとジェレミナルがいて壁になってもまったく動じない。

 外に出して、負けたらしょうがないやん、という達観?

 これができるのは、アンカツ先生ただ一人だと思う。

 で、ダイワスカーレットの天皇賞での逃げもアンカツ先生。

 感動しました。

 ブエナビスタは名馬です。

|

« 国際会議が開けない世界 | トップページ | スピード指数とラップタイム »

コメント

文頭2行に「私が見た中では」をつけるべし。

投稿: ピース | 2009年4月14日 (火) 11時56分

無理です。この人はバカなんですから。

投稿: 中田潤 | 2009年4月14日 (火) 15時58分

了解!

投稿: ピース | 2009年4月15日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/29094829

この記事へのトラックバック一覧です: まいりました ブエナビスタ様:

« 国際会議が開けない世界 | トップページ | スピード指数とラップタイム »