« 国家、軍は国民を守らない | トップページ | アメリカは北朝鮮の飛翔体を回収しない »

2009年4月 7日 (火)

散歩して、町田康

 競馬でやられたら、また長い執筆、そして散歩。

 また、ジュンク堂まで行って、これを座り読みしたら、

真説・外道の潮騒 Book 真説・外道の潮騒

著者:町田 康
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 止まらない。買うしかない。

 ああ、またしても、バンドで負け、文章で負けた後輩(「長幼の序」ですから)の、たぶん、相当リッチになった印税生活に寄与してしまった!?

 面白くないわけないじゃん!

 あの「マーチダ・コー」が、NHKのドキュメンタリー部門と、なんと、チャールズ・ブコウスキーをテーマにアメリカを旅する、と言うんだから。

 朝日新聞の記者と同様、最悪なのは、NHKの職員は、ほぼ全員が「うちの媒体に出たくない日本人はいない」と信じて疑わないことだ。

 そりゃ、ブコウスキーの映画をテーマにした傑作、『パンク、ハリウッドを行く』よりひどい展開になる。

 前半、30ページで既になっている。

 わしもスポーツノンフィクション『ラストラウンド』を書き、テレビに引きずり出されたことがある。

 BS朝日の番組だったが、

「この枠は、あなたの作品を映像化するために作った」

 とかね、

「僕はあなたの作品を映像化するために、助走としてこんな作品を作って来た」

 とか、むちゃくちゃヨイショするし、むちゃくちゃ熱い。熱いけど、「諸事情でわしがあの人にインタビューするのは無理」とか言うと、ぶんむくれる。

 ディレクターのなかに既に台本はできていて、スケジュールも決まっていて、……てゆーか、『ラストラウンド』はわしの作品だよ! 1000の言葉からひとつを選んで書いたんだから、後楽園ホール前の路上で、わしにインタビューしても、苦しげなハゲがいるだけだよ!

 グレート金山さんは、32歳でリングで死んだのである。

 後輩に威張れるのは、NHKBSよりわしの番組はさらにマイナーだったから、テレビでわしの作品は薄められたが、その本質をスタッフは理解していた。

 町田康が中原中也を語るテレビを見たけど……むごいよ。

 わしは、新刊本のプロモートになって、確実に50万円の得がなかったら、金輪際、テレビには出ない。

 テレビで心の底から尊敬する人(グレート金山さんがまさにそれ)を語ったら、まず間違いなく、後悔をする。

|

« 国家、軍は国民を守らない | トップページ | アメリカは北朝鮮の飛翔体を回収しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/29002488

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩して、町田康:

» 競馬必勝法|競馬投資の未経験者でも、全く同じ結果になる事をお約束します! [競馬必勝法]
3日間で黒字が出なければ10万円差し上げます!■ 競馬投資未経験者の方でも■ 馬の名前を知らない方でも■ 未だ競馬投資で一度も黒字になったことがない方でも■ 借金があり用意できる競馬投資資金が3000円程度しかない方でも■ ギャンブルが大嫌いな方でも全く同じ結果になる事をお約束します!この後は競馬投資で本気で勝ちたいと思っている方だけがお進みください。... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 22時29分

« 国家、軍は国民を守らない | トップページ | アメリカは北朝鮮の飛翔体を回収しない »