« 桜花賞 ブエナビスタに死角アリ!! | トップページ | まいりました ブエナビスタ様 »

2009年4月12日 (日)

国際会議が開けない世界

 タイでまずそれは起こった。

 タイの警察力、軍事力がダメだから?

 それもあるかもしれない。

 でもね、それでも会議は開けると、アジア各国の外交官は考えたんだよ。

 時代は変わる。なんだな。

 権力と人間はここまで隔たってしまった、ってこと。

 わしの予想では、次に襲われるのはテレビ局、マスコミだ。

 人間がここまで追い詰められているのに「ノンフィクションの世界は豊穣」とか言ってりゃ、襲われます!

外務省ハレンチ物語 Book 外務省ハレンチ物語

著者:佐藤優
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 襲われます。

 エロ小説書いてる場合か!?

 で、佐藤さんは、「北朝鮮へのメッセージは議長声明でじゅうぶん」とか書くんだろ?

 恐慌はこれからが本番。

 バブル崩壊のときも、ちょうどこのタイミングで、「景気回復」「潮目は変わった」(シャープの社長は大丈夫?)といわれ、直後に、ドドーンとドロ沼にはまり込んだ。

 マスコミは、15兆円を遣える日本のことしか報じないが、タイは? インドは? アフリカは?

 日本のマスコミは、見て見ぬふりをするよ。

 何を?

 多くの人間を、だ。

|

« 桜花賞 ブエナビスタに死角アリ!! | トップページ | まいりました ブエナビスタ様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/29078983

この記事へのトラックバック一覧です: 国際会議が開けない世界:

« 桜花賞 ブエナビスタに死角アリ!! | トップページ | まいりました ブエナビスタ様 »