« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

ウォータクティクスは速くない?

 アンドリュー・ベイヤーの元祖スピード指数ではそうなるんだな。

 4月26日の500万下京都ダート1800メートルの勝ちタイムは、キャッツインブーツの1分49秒7。1000万下がゲバルトステイヤーの1分48秒9。

 過去10戦のクラス平均タイムより、ともに3秒以上速い。

 馬場差、ベイヤーの言う「トラック変数」を足せば、アンタレスS、ウォータクティクスの日本レコード、1分47秒8は、なんと、1分51秒5に修正され、馬場差を考慮しないスピード指数108・8は、なんと、平均よりはるかに遅い75・5に修正されてしまうのである。ちなみに平均タイムが指数80。

 ってまあ、「スピードボーイズ」以外、わしが何を言っているのかわけわからんだろうけど。

 とまあ、京都ダート1800メートルでこの結論に辿りつくまでに4時間はかかっている。平均タイムを出すまでにクソみたいに時間がかかるから。

 でまあ、結論は、

 こんな競馬予想、意味あるか!?

 ウォータクティクスはかなり弱いオープン馬で、異常な馬場にならないとメイショウトウコンには勝てない、という結論。

 なの!?

 数学的には間違っていないような気もするが、それって科学!?

 いずれにせよ、数学Ⅱ赤点のわしにはわからん。

 ウォータクティクスは、次走も圧勝するって!

 しかし、謎なのは、500万条件で3秒86も平均タイムより速くなる京都のダートコースだよ。

 何が起こった!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月29日 (水)

皆の衆、世界はクソだ

 単行本のギャラが入ったんで、カミサンと池袋の社会保険事務所へ。

 年金、払えるだけ払ったろうやないけ、って……。

「この窓口では現金のお支払いができません。皆さん、ご存知の通り、横領事件などありまして」

 って、誰一人として逮捕されてないやん!?

 なぜ放火されないのかわからないクソ役所のクソ野郎が逮捕されないのに、酒飲んで裸になったスターの自宅は家宅捜索だ。

 昨日、落語に行ったカミサンの報告では、中居くんが麻薬Gメンにずっとマークされていたからなんだって。まあ、芸人の言うことなんで、本気にしないように。

 麻薬Gメンは、有名人の逮捕が仕事だと思っている。

 こいつらはクソの中のクソ。

 世界はクソだ。

 そんで、やきとんの「みつぼ」に行って、豚インフルエンザのニュースを観ながら、刺し盛り(豚の内臓の生)をガシガシ喰う。

 いつもは6時に満席になる人気店なのに、客は5、6人。

 そんなに怖いのか、インフルエンザ。

 うまかったぞ!

 自分で調べなければわからないけど、「フェーズ4」が出されるときって、常に人類に「本当は知ってほしくない事実」があるときだ。

 歴史的に見ればそうで、サーズ、大腸菌などなどは都合のいいときだけに出てくる。

 資本主義がマジヤバイ、ってことを隠そうとしてるんだよ、きっと。

 ま、これもダメ人間の妄想なんで本気にしないように。

 世界はクソ、の仕上げに、

ブコウスキー:オールド・パンク [DVD] DVD ブコウスキー:オールド・パンク [DVD]

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これを観た。毎週火曜日、ツタヤ半額デーなんで。

 感動するのは、

 あ、本当のことを書いてすごく多くの人に伝わることがあるんだ!?

 ってこと。

 わしはまったく修行が足らないけど、まあ、先人に習って、最晩年の5年間ぐらいはプール付きの家に住もう!

 種火は絶やさないように。

 自分の心の中に住んでいる青い鳥と、人知れず、会話しよう。

 世界は本当にクソで、わしもクソなんだけけどさ。

 皆の衆、世界がこうでも、絶対に死ぬな!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月27日 (月)

くやしい! 福島9レース

 やっぱり、ラップタイムは馬の底力を映し出すよ。

 ダート1700メートル戦がハイペースになって、

 木幡ー!!

 来ましたがな、プレンティスピード。

 単勝4650円、複勝1120円でっせ!!

 プレンティスピードの4走前、重馬場でのラップを見てみ!

 でもなんで、大本命のアイソトープとかマルブツファインが残れへんねん!?

 コアグリーン、ブラックホーク産駒、ヌレイエフ系って、なんでやねん!?

 あ、母父アフリートか?

 とりたいよなあ、この馬単。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ウォータクティクスが前人未到のラップタイム

 すげえ勝ち方でしたなあ。

 1コーナーでもう、どの馬のついていけない。

 走り方も実にバランスがよく、まっすぐに走り、ギアチェンジいらずのオートマ馬だ。

 父ウォーエンブレムは、馬群を嫌がる「馬添え」の悪い馬だったらしい。現に17億円で日本に輸入されると、種付けを嫌がって、保険会社を巻き込む大騒動を引き起こした。

 ウォータクティクスの逃げも、団体行動を嫌う性格のあらわれ?

 血統背景はサンデーサイレンスにちょっと似ている。

 祖父は大種牡馬、ミスタープロスペクターだが、母系に「誰もが知る馬」がほとんどいない。ネイティブダンサーの血を引く「雑種」と考えれば、アメリカのオグリキャップ?

 ドサ回りの怪しい競馬場を数多く抱えるアメリカでは、牝系が途絶えることなく、突如、「忘れられた女」が怪物を生む。

 気性が悪いところもサンデーサイレンスと似ているよね。

 日本レコード達成で、無事なら、ウォータクティクスの種牡馬入りも決定的だろう。

 ウォータクティクスの母系はトニービン。イタリアの馬とアメリカ雑種の結晶で、血統ボンクラのわしは、ネアルコを思い浮かべてしまうよねえ。ま、ネアルコは、イギリスの主流血統、セントサイモン系とアメリカ雑種の配合なんだが。

 こういう競馬を見せられると、しみじみ思うよ。

 草競馬が次々につぶれていったことは、本当に残念。

 ハイセイコー、オグリキャップ、イブンベイなどなどの母系は風前の灯だ。

 ウォータクティクスが女好きであることを祈ろう! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サッカーボーイ産駒の勝利

 田端到さんは確か、東京芝2400メートルは、こてこてのステイヤー血統が来ている、と書いていて、オペラハウス、ホワイトマズル、サクラローレル、マンハッタタンカフェって感じだったんでは?

 スノークラッシャーが勝って、確かに母父サッカーボーイはこの条件強いけどやなあ、それは後付やろ!

 田端さんは道悪苦手、って種牡馬辞典に書いてるしなあ。

 どないせえっちゅーねん、血統予想!?

| | コメント (1) | トラックバック (2)

デヴィ夫人は間違ってる?

 北朝鮮はこう言った。

 祖国の人工衛星打ち上げを100カ国以上が祝福してくれた。

 これ、間違いじゃないよ。

 デヴィ夫人がいたインドネシアは、北朝鮮との結びつきがむちゃくちゃある国。

 当然、インドネシアは祝福したよ。

 それを日本のメディアは報道しない。

 じゃあ、日本とインドネシアの関係は? といえば、ODAなど、一番、円を注ぎ込んでいる国。ゼニカネの関係が一番深い国じゃん!

 だから、わしら日本人は、東ティモールの虐殺についてみて見ぬふりをしてきた。

 北朝鮮人民軍は他国の人間を殺したか?

 アメリカ軍は中東で何人殺した!?

 インドネシア軍は、東ティモールで10万人以上を殺した。

 昨日、元総理の安倍くんは「アメリカに向かう北朝鮮のミサイルを打ち落とさねばならない」と言ったけど、ダブルスタンダードここにきわまれり、じゃん!

 中国、インドネシア、インド、パキスタンは、ビジネスの上で、大切にせねばならんが、北朝鮮だけは許さん!

 って、二枚舌なんだよ。

 今後50年、日本は外交で負け続けるよ。

 なのに、ノンフィクションライターどもは佐藤優とつるむ。今、生まれた赤ん坊のことを少しは考えろ!!

 大不況なんだよ!

 一番、苦しむのは、資源も食料もない人口過密国家、日本ではないか!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月25日 (土)

アンタレスSで乾杯!

 まだ、雨が降っている。

 降っているんだが……東京7レース、馬単7970円、単勝3460円的中!

 ラップタイムは馬の底力を映し出すんで、不良馬場でも強い!

 やっぱ、本職の競馬だな。

 この調子で、東西重賞、いきましょう!

12.2 - 11.0 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 11.9 - 12.3 - 13.2

 これ、ウォータクティクスがアルデバランSで刻んだラップ。

 超絶、てゆーか、異常!

 明日もダートは湿っている。

 押し切り、圧勝だ!!

京都10レース

④単

④-⑯⑨⑥⑤⑮

9レース

⑩単複

⑩-⑤①⑪⑭⑯

8レース

⑨単

⑨-②⑪③

東京11レース

⑫単

⑫-⑥⑪⑬⑩

10レース

⑪単複

⑪-⑥①⑫⑨⑮

9レース

①単

①-②④⑤⑨

福島11レース

⑫単複

⑫-①⑥⑦⑧⑭

10レース

⑨単

⑨-④⑫③⑭

12レース

⑤単

⑤-⑪⑧⑮⑬

 暖房のために、炭を熾しましたわ。

 地球温暖化は、やっぱ、ビジネスでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メトロポリタンSは、そら、アフターサイレンスでしょ?

 今日だけは、この予想に乗ってはいけません。

 なぜ? 大雨になるからか!?

 ちゃうわ。

 ほんなら、わしが昨日、多摩川競艇場のガードマンにこう聞いたからか?

「場内に銀行ATMありますか?」

 そのとーり!

「ない」って即答されましたやん!

 いきましょう!

 どうやっていくねん!?

東京11レース

⑫単

⑫-⑤⑮②

10レース

⑫単

⑫-④③⑧⑩

9レース

⑤単

⑤-⑥⑦

福島11レース

⑦単複

⑦-③⑥⑫⑤

10レース

⑥単複

⑥-⑦⑬②③⑫

12レース

⑫単複

⑫-⑪⑥⑩⑮

京都10レース

⑩単

⑩-⑥⑤⑨②

9レース

⑭単複

⑭-⑩⑬③⑧⑯

8レース

⑮単

⑮-④⑪①②⑧

11レース

⑤単

 そんで、池袋に帰ってきて、グリンピーがリニューアルオープンなんで、フラフラッと、5円パチスロのエヴァを打って、ガンガン、ビッグ引いて、2000円投資で、景品交換したら2000円。貯玉できないんで、セブンスターをもらって、「残りでお茶が獲れますよ」と店員に言われ、飲んだ。

 博打は福祉、慈善事業かい!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月24日 (金)

競馬の血統ってなぜ面白いか!?

 ネアルコとネイティブダンサーの写真を比べてみてよ。

 同じサラブレッド!?

 ここに血統の面白さがあるのよ。

 ネアルコの祖母は、ヨーロッパでは、「雑種」、つまりは、アメリカの得体の知れない血が混じっていたから、サラブレッドではない、と言われた。

 そこから、ネアルコが誕生したのよ。

 しかも、年間300頭ぐらいしか生産されなかったイタリアで。

 テシオは、リボーも生産してるよね。

 ネアルコが成功して、やっと、イギリスの貴族たちは、ネアルコの祖母のアメリカの血統を「サラブレッド」と認めたのである。

 サンデーサイレンスの母系もそうでしょ?

 6代遡らなければ、GⅠ馬にたどり着けないZ級牝馬。

 ノーザンテーストは?

 吉田善哉さんは、カナダにノーザンテーストを観に行ったときのことをこう語っているんだな。

「牛。どう見ても牛にしか見えない」

 牛が日本競馬を救ったのよ。

 牛がどこにいたか?

 年の半分は競馬ができない辺境中の辺境、カナダだよ。

 サンデーサイレンスは、C級種牡馬とZ級牝馬のたまもので、イージーゴーアに勝っても種牡馬としての評価はゼロ。突然変異のオグリキャップの子どもをボンクラが期待してダメだった、って、同じことをアメリカの関係者も考えたんだな。

 イージーゴーアの子どもはまったく走らない!

 サンデーサイレンスの血が今、世界で一番注目されている!

 面白いよね、血統論。

 でも、残念なのは、アフターサイレンスの種牡馬がすべて北海道にいる、ってこと。

 ノーザンダンサーの血は南米にまで広がったのに、このままじゃ、サンデーサイレンスの血は持ち腐れ、なんでは?

 ステイゴールドはイギリス。マンハッタンカフェはフランス、とか、グローバルにやれば、必ず怪物が出てくるよ。

 もったいない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年4月23日 (木)

草彅くんが、飲んで裸

 しみじみ、いいニュースです。

 めでたい、とわしは思う。

 酒の上の失敗はあるやん、という慰め。

 ストレスがあったんだろうなあ、という同情。

 でも、カネの心配は全然ねえんだろ!? という大多数の怒り。

 唐十郎さんが言ったように、人間はクソが入った袋なんで、それを自覚している人はチンポ出さないが、地デジの啓蒙とか、「いい人」をやっている人は自覚がないんである日突然、爆発する。

 クソじゃないふりをしている草薙くんは、クソになりたかったんだよ。

 裸だったらなにが悪い!?

 おっしゃる通り。本当にそう。

 原始人に戻りたいよなあ。

 どうよ、皆の衆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマンです2

 あ、シンゲン、母父サンデーサイレンスでした。

 やっぱ、レースを観たあと、地道に記録していかないと、JRAのホームページをチェック(しかも、ウィスキー飲みながら)じゃあ、ミスりますな。

 ご指摘、ありがとうございます。

 わし、別に血統予想を否定するために、調べているんじゃない。

 いろんなやり方を試してみるのって、楽しくねえ?

 我がラップタイム作戦も回収率75%を切ったとこだし(トホホ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマンです

 あ、アイルランドトロフィーを見落としておった。

 スマンです。

 1着オペラブラーボ、父オペラハウス、母父サンデーサイレンスですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニール・ヤングの教え

 ストーンズの映画を観た今週は、音楽映画ウィーク。

ニール・ヤング ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~ [DVD] DVD ニール・ヤング ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~ [DVD]

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2008/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 アイ・ヘイト・ブッシュのヒッピー魂を期待したけど、地味でんな。

 ビバ・カントリーミュージックな映画で、それはそれで嫌いじゃないけど。

 まあ、みんな年をとる。

 ニール・ヤング「俺と同じ年の女の曲を作ったけど、今、作れるか?」

 年をとるのは悪くないよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

趣味の血統予想

 水上学さんの本に倣って、東京芝2000と2400の連対馬の父・母父を書き出してみました。一年分なんで、すげえ暇つぶしになった。

 で、フローラステークスの血統予想なんですが、まず、気づいたのが900万条件以上で母父サンデーサイレンスが一頭も来ていない。消し。

 ダンスインザダーク産駒が3勝(わずか3だが)、出走予定馬では、ミミオブパラダイスがダンスインザダーク産駒。中心視なの?

 2着が多いのがスペシャルウィーク産駒で、イイデエース、テーオーティアラをヒモに。

 あとは、ネオユニヴァース産駒のミクロコスモスとシンボリクリスエス産駒のボンバルディーナぐらい?

 このレースは2400メートルのほうが合いそうな馬が多い。血統予想をしてみると、「本番のオークスと同条件にしろ!」と言いたくなるよなあ。

 次はメトロポリタンステークス。

 血統予想なら、マンハッタンカフェ産駒のマンハッタンスカイは負けんでしょう。

 ジャングルポケット産駒も異様に強くて、クイーンスプマンテが2番手。

 以下、ステイヤー血統のオペラハウス産駒、ドリーミーオペラ。

 去年の今の時期、開幕から連続連対した、つまり、同レースを勝っているアドマイアベガ産駒、ブラックアルタイル。

 いかん。ホンマに当たりそうな気がしてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

競馬って何でできている?

 複雑系の考え方でいけば、「絶対に手を出してはいけない投資」である。

 フルゲート18頭のクラシックGⅠなら、相互作用の基点はジョッキーを含めて、36ある。

 1対35の相互作用が、36個起こりうるわけで(違うか? わし、数学赤点なんで)、結果を予想するのは数学的に無理。

 で、考え出されたのが、スピード指数をはじめとする、出走する馬の走破タイムを元にした能力比較なのだが、複雑系の考え方が、真っ先に否定するのがこれ。

 株でもそうでしょ。一株の価値が不当に低評価されている会社を買えば儲かるかといえば、大損することがバンバンある。

 相互作用する複雑系においては、個々の馬、ジョッキー、調教師などを数値化しても意味はまったくない。

 じゃあ、オッズは?

 これは、ケインズが「株は美人コンテスト」と喝破したとおり、まるっきり信用できない。

 競馬の半分が八百長だったら話は別だが。

 まあ、だから、わしは株式投資よりも競馬のほうがやりがいがあるんだが。

 経済ギャンブルには、「人間が人間に感動する」という場面が皆無でしょ?

 チャールズ・ブコウスキーが人間の経済活動、単に働くことを「くそったれじゃん!」と言い、競馬もくそったれだけど、死ぬまで競馬場にいたのは、多分、それが理由。

 森巣博さんの「控除率25%などという博打をやるやつはバカだ」という指摘は正しい。

 でもね、控除率ゼロの博打、編集部でバカみたいなレートのポーカー、チンチロリン、大小、ホンビキをやった経験から言うと、全然、楽しくねえじゃん。

 剥がし合いで、勝ってもわしを褒めてくれるものが何もない。

 森巣さんなら、こう言うんだろうなあ。

 中田くん、きみもオーストラリアに移住して、ハウスを攻め、神の祝福を受けたまえ。

 マカオの大小で勝ったとき、神はどこにもいなかったんすけど。

 去年のダービーの馬単を獲ったとき、神はいましたよ。

 ほんまに気持ちええ!!

 真実を知っているのは世界でわしだけ、という感覚。

 今は、ラップタイムを元に予想をしているが、これもスピード指数同様、多分、意味がない行為だ。

 意味がなくて何が悪い!?

 少なくとも、ロジユニヴァースにはラップの裏づけはなく、アンライバルドにはあった。

 展開予想は、川田騎手が逃げた時点で「去年もそうだったからなあ」という後付けだ。

 川田騎手は「逃げてもスロー」って考えたわけやん。

 相互作用です。

 ハイペースなら馬群がバラけて縦長、にもならん。

 競馬はむずかしいのう。

 だから、多分だが、馬券を獲ったときに神が祝福してくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

「オケ」さん、コメントありがとう!

 やっぱ、ブログは会話。小皿叩いて、知らぬ同士が、です。

 血統予想で回収率140%超はすごい。

 ダメ人間が幸せになれる方法です。

 取材させていただけないでしょうか?

『競馬最強の法則』しか書けるところはありませんが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリー・ワッツの教え

ミック「挨拶とかしたい?」

チャーリー・ワッツ「ハロー」

ミック「こいつしゃべった!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キース・リチャーズの教え

 ロニー・ウッドについて、

「俺たちはろくでもねえけど、他のやつらよりましなんじゃねえの?」

 ライブのとき何を考えてる?

「何も考えてねえよ。あんたもやってみたらわかる。自分のポジションにいるのがどんなにいいか」

 ……か、かっこいい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーンズ 爺さんたちに誰も勝てない

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD] DVD ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009/07/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 巨匠、マーチン・スコセッシが(って『タクシードライバー』後は駄作ばっかだが)、あのローリング・ストーンズのライブを!

 ってことで観てみました。

 うーむ。世界最高のギターアンサンブル。世界最高の抜けたドラム。これ以上ない楽曲の数々。ミックは世界最高の「爺の小尻」。

 なんだが、「やっぱ、ストーンズが一番好き」って思うわしはおかしくねえ?

 50年生きて、爺さんたちを超えるバンドが出てこなかった、ってこと?

 出てきてないんだよなあ。

 どういうことなんだろうかしら。

 Jポップの人はみんなサクラのことを歌ってて、ザ・ブルーハーツのようなガリッとしたバンドは全然でてこない。

 レッチリやレイジ・アゲインスト・マシーンは好きだったけど、すぐに飽きた。

 おっさんには聴く歌がない。

 ゆえに、中古レコード屋に行っても、ディーボやキャプテン・ビーフハートの輸入版を探すのみ。

 最近、テレビを観ていて感心した歌手がユーミンってなぜ? なんか、わしがインディーズ歌手だった頃のユーミンの歌が沁みたのよ。

 で、テレビをつけると、G+のブロレスクラシックをやっていて……。

 ロードウォリアーズ、アイアンマン!

 なんで、長州力の入場曲がPモデルの平沢さんなの!?

 天龍源一郎、高中正義のギターで入場!!

 ジャンボ鶴田のチョッパーベース、ウペウペは燃えるわいな!

 年なんでしょうな。ガリッとしたバンドを探しもせずに「昔はよかった」とかいうのは。

 デッド・ケネディーズとかシャム69みたいなやけくそのバンドがどこかにおらんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ロジユニヴァースの敗北 きつい労働 

 たかが競馬。競馬なんて当たらなくて当然。

 でも、やっぱり脱力、虚脱感。

 皐月賞を観て、ロジについて原稿を書かなくてはいけない。

 職人なんだから、やれよ。

 おっしゃる通り。

 やったけど、久々にきつい労働だった。

 わしの馬券の本命は、バカみたいな負け方をしたナカヤマフェスタなんで、関係ないだろ、と言われたら、関係ないんだが、直後にロジについての原稿を書く、は応えた。骨身から疲れた。会社勤めではないお手軽な稼業を選んだつもりが、こういう日はある。

 皆の衆、ロジの敗因は何?

 わからない。ノリのコメントを見て、ますますわからなくなる。

 ただ、思うのは、人間の悪行だ。

 テンポイントの死は、まともなトレーニング施設もないまま、ただ、「骨格は細くもろく、筋肉は重厚に」という矛盾した人間の願望の終着点だ。

 わしはロジをシンボリルドルフに勝手に重ね合せて見ていたが、ルドルフが引退式で見せたよれまくりの走りは、まさに皐月賞のロジのそれだった。

 馬の手応えが消える。

 生気が失せる。

「負けるときはこんなもの」

 ノリはそう言ったけど、

「悪いところはない」

 そう断言もした。

 馬がやる気をなくした、ってだけの話なんだが。

 なんでこうも落胆するのか。

 ハイセイコーの敗北って、どんな感じだったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月19日 (日)

皐月賞の血統予想は?

 ちょっと前までは、ヨーロッパのスタミナ系が勝つ、って言ってたよなあ。

 で、ここ数年、サンデー系が勝って、サンデー買えば間違いなし、ってなった。

 だから、血統予想って何?

 父と母父を書き出して、ほら、当たったでしょ? という競馬本は、ホンマにふざけているよ。

 そんなもん、後付でほとんど当たる!

 セントサイモン、ハイペリオン、ネアルコ、リボー、ネイティブダンサー、ノーザンダンサー、サンデーサイレンス……すべてそう。

 種牡馬のバブルって強烈で、父か母父に入っているという状況はすぐに生じる。

 そこで、大切にしなきゃいけないのは、サクラバクシンオーに引き継がれたテスコボーイの血であり、トウショウボーイ、シンボリルドルフの血だ。

 でもね、それを引き継いできた弱小牧場は断末魔。

 結局、日本の馬産は、海外の血でのみ成り立つ、という構図なんだな。

 当たり前か。

 サンデーの血は海を渡るべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

さあ、皐月賞で酒池肉林!

 いよいよでございます。

 内から、いきましょう。

 ①ロジユニヴァースは、前足が曲がっているため、セリでは見向きもされず、道営入りが決まっていた馬。無敗の皐月賞馬になれば、奇跡といえる。完成度、気性、神経は同世代では飛び抜けている。アタマからも買う。

 ⑨イグゼクティブは、京都2歳Sのラップを評価。大穴ヒモ。

 ⑩ゴールデンチケットの低評価は謎。毎日杯は厳しいレースだった。ヒモ

 ⑭アントニオバローズは新馬戦から強かった。大穴ヒモ。

 ⑯アンライバルドは、自分の仕事が何か理解してきた。枠も絶好で、ヒモ。

 そして、わしの本命は、

 ⑦ナカヤマフェスタ!!

 東京スポーツ杯は厳しい流れを先行して、上がり33秒8!!

 掛かった前走は度外視。

 ロジとの組み合わせ以外は万馬券!!

 今回は頼むぞ! 蛯名騎手!!

中山11レース

⑦単複

⑦-⑨⑩⑯⑭①

①-⑦

10レース

⑥単複

⑥-⑤⑧⑪⑭

9レースは勝負レースだ!

④単大勝負!!

④-⑤⑨⑮①

8レース

①単

①-⑩⑪⑨⑫

12レース

④単

④-⑧③⑦⑫

阪神10レース

③単

③-④⑯⑭⑧

9レース

④単

④-⑪⑨⑩⑧

8レース

⑨単

⑨-①⑤⑪

福島11レース

④単

④-⑧⑪⑭⑦

10レース

⑨単

⑨-⑤②⑧⑫⑦

12レース

⑨単複

⑨-⑮⑧⑯⑦

 今日のレースを見る限りひどい馬場でもなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月賞 調教注目馬は?

競馬最強の法則 2009年 05月号 [雑誌] Book 競馬最強の法則 2009年 05月号 [雑誌]

販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 調教タイム分析で年間1000万儲けた、たっちゅーおっさんが出ていて、だからじゃないけど、いつもはまったく無視していた調教VTRを観てみたのよ。

 注目は、人気がた落ちの⑮セイウンワンダーでしょう。

 栗東情報筋によると、「太りやすくて、まったく走る気をなくしている」とのことだが……。

 確かにまだ太い。でも、ピッチの速さではダントツ。タイムも速い。

 成長途上の⑱リーチザクラウンが「3強」に数えられるのなら、こっちじゃないの?

 圧巻はやっぱ①ロジユニヴァース。精密機械だよ、こいつ。もしかして、シンボリルドルフの再来?

 ⑯アンライバルドは、まだまだ、頼りないとこあるしなあ。

 マイラーズカップで資金作り、いきましょう。

 今の古馬マイル路線は、実力伯仲。ラップの比較が難しいレースではあるんだが、

12.5 - 10.6 - 11.3 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.6 - 11.7

 マイルCSは、やっぱ、世界一のラップでしょう!

 ③スーパーホーネットは負けられん!

阪神10レース

③単

③-⑧⑤⑥②

9レース

⑨単複

⑨-①⑭⑧⑬

8レース

⑫単

⑫-③⑥⑮⑰

福島11レース

①単

①-⑨⑥⑦⑩

10レース

⑪単複

⑪-③⑦②⑯

12レース

⑫単

⑫-①④⑭

中山10レース

①単複

①-⑪⑭④⑨

9レースは勝負レースだ!

⑥単大勝負!!

⑥-④⑤⑦

12レース

⑮単複

⑮-⑤⑭②⑦⑧

 アクセスしてくれた皆さん、本当にありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

ブエナビスタは近親繁殖?

 違う!

 母系にニジンスキーの4×3があったら、それが近親繁殖なのなら、そんなもん、どの馬にだって見つけられるよ。

 奇跡の血量は種牡馬でしょ?

 わしは奇跡の配合なんて、絶対に、金輪際、ないと思っているが。

 血統が何にも決められないのは、サンデーサイレンス産駒が何よりも雄弁に物語っている。

 総じて優秀だが、アフター・サイレンスがすべて瞬発力勝負の馬を生みだすわけではなく、「このコースはアグネスタキオン」みたいな労働を放棄した物書きの記述は絶対に正しくない! 断じて正しくない。

 だって、儲かるもん?

 面と向かってわしにそう言えるか!?

 血統で、時間をかけず、馬券で回収率ブラスの人、是非、コメントください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ピース」さん、コメントありがとう!

 じゃあ、ピースさんがブエナビスタより感動した桜花賞って何?

「私が見たなかで」って、但し書きが必要なんだったら、それが何年のなんていう馬かコメントしてください。

 あなたが見たなかで、違うんでしょう。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「バカ」という罵倒含め、コメントいろいろありがとう

 まあ、予想を公開してずいぶんたつんだから、「バカ」は当然。当たらなかったら罵倒される。

 でもね、「血統は儲かる」とか言って、ただ単に「この競馬場のこの距離はこの系統を買えば当たる」とか言って、お手軽なだけ、苦労のいらない馬券術を言い募り、結局、ただ退屈なだけの血統論を枚数稼ぎのためだけに書き、あとは「後付けの的中自慢」をしているライターは許さん! わしは断じて許さん。

 あ、「バカ」と言って!

 桜花賞は、この10年、父ノーザンダンサー系が来ました。今年は、3着まで父サンデーサイレンスで決まりました。でもね、母の父は……。

 とか言ってたら、そんなもん、ノーザンダンサー系か、サンデーサイレンス系だよ。

 ノーザンダンサー系が来る、って書いたら、世界中、ほぼすべての競馬がそうだ。

 100年前なら、こう書けばいい。

 次のレース、セントサイモン系が来ます。間違いない。絶対に儲かる!

 全員的中。誰が儲かった!?

 バカにするんじゃない。

 特に水上学。「オークスの予想はパス」って『なぜ血統なのか儲かるからだ!』に書いてたけど、GⅠをパスするのは競馬本、競馬予想じゃねえよ!

 儲からねえ、って!!

 タイムに固執して、回収率85%ぐらいで低迷のわしだが、読者を騙しちゃいけない。ノンフィクションは丁寧に書かなければならない。「伝わらなかった」という悲しい気持ちを、次につなげ、さらに丁寧に書くしかない。職人とはそういうことで、馬券の売り上げが落ち続けようとも、そうするしかないじゃん。 

 バカと書け。中田は本当にバカだから、って匿名でコメントしろ!

 それで、誰かの気が晴れるのなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月賞の展開は北村騎手の出方次第

 しかし、北村騎手の逃げ、って、ここのところほとんどない。

 まさに、岡部騎手のコピーみたいなジョッキーで、2番手が大好き。

 となると、好枠のサトノロマネは控えるよなあ。

 武さん、行っちゃってください?

 後藤騎手あたりだったら、面白かったんだが。

 となると、ノリの逃げも当然ある。

 ポンと出れば、「ユタカ、かかってこい!」だもん。「無理して行くの? じゃあ、どうぞ」だよなあ。

 ①ロジユニヴァースって、ホント、ノリにピッタリの馬だ。ノリは直線強襲のイメージもあるが、真にすごいのは、何もせずに馬を推進させる見た目じゃわからない技術。走り方が固くて、乗りやすい馬とは思えないけど、だからこそ、ベテランの経験がものを言う。

 心配があるとしたら、2歳の春で既に完成していて、のびしろが? なことだけか?

 間違いなく、アンライバルドとリーチザクラウンは前走よりよくなる。

 武騎手のマジックは、最後ハナ差で交わす燃費感覚であり、岩田騎手は追わせりゃナンバーワン。

 いやあ、面白い。

 このブログを見てくれて、馬券を買っていない人、このレースだけは買ってみれば。

 以上、3頭ボックスの3連単で600円。決め手があるナカヤマフェスタとかセイウンワンダーとか加えても1000円で遊べまっせー!

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD] DVD レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 こんなん観るより、絶対に面白いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

皐月賞 アンライバルド絶好枠じゃん!

 いやあ、16番は、一番いい枠でしょう。

 大外にリーチザクラウンというのもいい。

 ⑱番が外から切れ込んでハナを奪いに行くと、いや、先行しただけでも、超スローペースにはならないだろう。

 馬群がバラけ、岩田騎手が気を遣わなくても、外からプレッシャーを受けることはまずない。

 ①ロジユニヴァースも絶好枠だが、アンライバルドがスムーズに競馬を運んで、ギアを入れるタイミングがドンピシャなら、キレ負けする可能性が出てきた。

 馬場がひどい状態だったが、当日は?

 とにかく、展開利は①と⑯だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

スピード指数とラップタイム

 いやはや、ともに桜花賞の予想には、まったく役に立たない、ということだよなあ。

 ブエナビスタのスピード指数は、500万条件→GⅠ阪神JF→チューリップ賞、数値を下げ続けてきたわけで、指数では買えない馬。

 かなり時間がかかって、それだけしかわからなかったので、詳しくは調べていないが、今の指数系予想ではワンカラットが上位になるのかもしれない。

 がんばったけど、ハズレ、という結果。

 じゃあ、今、大流行の血統予想は?

 というと大ハズレだよねえ。

 確か、桜花賞はサンデーサイレンス系が不振で、ノーザンダンサー系の天下だったはず。

 サンデーサイレンス産駒の不在によって、血統予想が息を吹き返してきたのは明らかなのだが、いきなり、3着までサンデーサイレンス系だ。

 で、すべて社台にいた馬(だよねえ。レッドディザイアは新興クラブの馬だが、社台から買った馬だったはず)。

「血のロマン」のようなものは、風前の灯である。

 じゃあ、サンデーサイレンス系の内国産種牡馬が世界の競馬を塗り替えるか、というと、今のところ、ノーザンダンサーの足元にも及ばないし、高額の売買によって世界に広がってもいないし、島国根性、鎖国競馬の状況は何も変わっていない。

 ストームキャットの血のほうが、多分、グローバルに展開しているし、ノーザンダンサー・バブルは、カナダからヨーロッパ、南米まで波及していった。

 日本では、ノーザンテースト・バブルとして記憶されている。

 で、繁殖牝馬がノーザンダンサー系の飽和状態になったとき、「救世主」として現れたのが、ウィッシングウエルとかアンダースタンディング、プロミストランドと「聞いたことがない種牡馬」の母系を持つサンデーサイレンスだった。

 オグリキャップの祖先、ネイティブダンサーを寺山修司は「ドサ回りの踊り子」と呼んだが、大衆演劇のような辺境の競馬場を今なお多く抱えているアメリカだからこそ、サンデーサイレンスは誕生した。

 じゃなきゃ、6代遡ってやっとGⅠ馬に出会えるような母系が残っているわけがないのである。

 じゃあ、サンデーサイレンス系という至宝を今、持っている日本競馬の現状はどうか?

 地方競馬場は次々に閉鎖に追い込まれ、弱小牧場は廃業を余儀なくされ、サンデーサイレンス系種牡馬の所有者に、「海外に出る」「世界のてっぺんを獲る」という意識は皆無なのである。

 フェデリコ・テシオが100年前に教えてくれたこととは何か?

 魔術師と呼ばれた血統理論以前に、単に、海を渡る勇気、なのではないか?

 テシオだって、競馬小国、競馬鎖国のイタリアの貧乏牧場主だった。

 テシオは、牝馬とともに何度も海を渡った。

 ノーザンダンサーの生産者、テイラーは金持ちだったが、全世界の競馬に革命をもたらしたのは、年の半分は競馬ができない辺境、カナダの馬だったのである。

 ノーザンテーストはその血を受け継ぎながら「どう見ても牛」という理由で辺境に捨て置かれていた馬だった。

 サンデーサイレンスの死は、アメリカの辺境に生き残っていた活力のある血が、極東の極北、北海道で「わしらが守り育む」と言いつつ、実際は捨て置かれ、活力を失ってゆくことを警告しているのではないか。

 あ、長々と書いてきたが、最初の議題は、スピード指数とラップタイム、だったっけ?

 ああ、競馬の予想はむずかしい。

 って、それが結論かい!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

まいりました ブエナビスタ様

 桜花賞史上、最も劇的な勝利!

 4月の史上最強牝馬!

 アンカツ先生は、ホンマ天才!

 わしと同い年だよ!

 ブエナビスタは、自分からまくっていく動きはない。

 でも、アンカツ先生は動じない。

 前に、レッドデザイアとジェレミナルがいて壁になってもまったく動じない。

 外に出して、負けたらしょうがないやん、という達観?

 これができるのは、アンカツ先生ただ一人だと思う。

 で、ダイワスカーレットの天皇賞での逃げもアンカツ先生。

 感動しました。

 ブエナビスタは名馬です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

国際会議が開けない世界

 タイでまずそれは起こった。

 タイの警察力、軍事力がダメだから?

 それもあるかもしれない。

 でもね、それでも会議は開けると、アジア各国の外交官は考えたんだよ。

 時代は変わる。なんだな。

 権力と人間はここまで隔たってしまった、ってこと。

 わしの予想では、次に襲われるのはテレビ局、マスコミだ。

 人間がここまで追い詰められているのに「ノンフィクションの世界は豊穣」とか言ってりゃ、襲われます!

外務省ハレンチ物語 Book 外務省ハレンチ物語

著者:佐藤優
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 襲われます。

 エロ小説書いてる場合か!?

 で、佐藤さんは、「北朝鮮へのメッセージは議長声明でじゅうぶん」とか書くんだろ?

 恐慌はこれからが本番。

 バブル崩壊のときも、ちょうどこのタイミングで、「景気回復」「潮目は変わった」(シャープの社長は大丈夫?)といわれ、直後に、ドドーンとドロ沼にはまり込んだ。

 マスコミは、15兆円を遣える日本のことしか報じないが、タイは? インドは? アフリカは?

 日本のマスコミは、見て見ぬふりをするよ。

 何を?

 多くの人間を、だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

桜花賞 ブエナビスタに死角アリ!!

 土曜日は、馬単3発的中!

 でも、固いとこばっかりで、今調べたら、210円儲かっておった。

 タバコも買えんやん!!

 勝ちは勝ちだろう!!

 ピントが合ってきた!

 この調子で、桜花賞です、いきましょう!

 昨日、動画をずっと見ていたんだが、⑨ブエナビスタに逆らうのが、どんなにアホな行いなのか、思い知らされた。

 スペシャルウィーク産駒にしては馬体がしっかりしているし、どんどんよくなっている。

 ひっかかるところがほぼ、ない。

 仕掛けなくても、自分からまくっていく迫力はすごいよ。

 そして、ゴール前の勝負強さ。

 名馬の風格、既にじゅうぶん!!

 でもね、わしは最後の悪あがきとして、この馬の最後の死角を突く。

 ⑨ブエナビスタは、「普通のオープン馬のラップ」を一度も刻んだことがない。

 スピード指数をやっている人もうなずいてくれると思うが、速くて強い先行馬と一度も闘っていないのだ。

 偶然?

 偶然でもいいよ。わしは、10万円を掴み出せる隙間に手を突っ込むよ。

 内から行きましょう。

 ②ツーデイズノーチスのアネモネSは、ラップは道悪で参考外だが、強い競馬だよ。500万勝ちも走破タイムはチューリップ賞より速い。ヒモ。

 ⑬カツヨトワイニングもバカにしたらアカンよ。サフラン賞のラップは水準以上。ヒモ。

 ⑮ジェルミナルは終った馬? そんなことはない。黄菊賞は楽ではないラップ。ヒモ。

 ⑰アンプレショニストも苦しいレースを続けてきた馬。ヒモ。

 そして、わしの本命は、

 ④ヴィーヴァヴォドカじゃ!!

 大本命が外に出して追い込んでくるんだから、狙いは当然、逃げ馬じゃ!!

 フラワーカップと同じ4ゲート。

 未勝利戦、マイル1分34秒7は、阪神JFより速い!!

 もう一度、頼む!!

 逃げろ、ハードに、村田騎手!!

阪神11レース

④単複

④-②⑰⑮⑬⑨

9レース

③単複

③-⑫⑬①⑮

8レース

⑨単

⑨-⑦⑧⑭⑯

11レース

⑤単複

⑤-⑥⑫⑮③

12レース

⑫単

⑫-①⑩②⑥⑭

中山11レース

⑨単

⑨-①⑦⑬⑪

10レース

⑪単

⑪-⑤⑧③④

9レース

⑮単

⑮-⑫①⑭

福島10レース

⑦単

⑦-⑬③⑫⑤

9レース

⑤単

⑤-⑫③②⑦

11レース

⑦単複

⑦-③⑩⑮⑪

 阪神タイガース3連敗、ああ。

 ポルトフィーノはほんまに信用が置けない馬、ああ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月10日 (金)

ニュージーランドTで固い握手!

 なんや、すごい多忙。

 でも、競馬だけはやるダメ人間。

 やらいでか!

 ニュージーランドTは、東スポ杯が、まあまあラップ。

 固い握手じゃ!

 当てまくるぞ!!

中山11レース

⑤単

⑤-⑪⑭⑨⑬

10レース

①単

①-⑤⑩⑨⑥

9レース

⑬単

⑬-⑦⑧⑨⑩

阪神10レース

⑯単

⑯-①⑱⑪⑫

9レース

⑨単複

⑨-④①⑤⑩

8レース

③単

③-⑥⑤①④

福島11レース

⑧単

⑧-③①⑪⑭

③-⑧

10レース

①単

①-②⑥⑤⑧

12レース

⑧単

⑧-①⑨⑩⑭

 いけえ! 阪神タイガース!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜花賞です

 わし、今までいっぺんもやったことがない競馬予想をしてみたのよ。

 アンドリュー・ベイヤーの元祖スピード指数、スピード・ハンデキャッピングってやつ。

 阪神芝1600メートルの1600万以上のレースって、実はデータ数が極端に少なくて、去年の桜花賞を含め、一年間で10レースしか行われていない。

 で、去年の春から初夏は、1分33秒台が連発。去年の10月以降では、1分45秒台が普通なのね。

 ベイヤーの本に従うなら、ここ6走の平均タイムを出すのが妥当と思い、電卓をはじくと、平均タイム1分35秒2。

 これ、ブエナビスタの阪神JFとまったく同じタイム。

 ベイヤーに従うなら、指数80。凡庸。普通のオープン馬のタイム。

 で、同じ、ブエナビスタのチューリップ賞の指数を出すと、なんと、66・35!

 ひどすぎる数値!

 わしは、スピード指数ってダメだと思う。

 これだけを比べたら、桜花賞に指数82以上の馬は絶対にいる。何頭もいる

 それが勝つか!?

 ブエナビスタに負けるよ。

 わしのやり方も不完全だが、わしはラップ・タイムを見る。

 1600メートルを8分割して、11秒台のラップが何度あったかに注目する。

 2ハロン目に10秒4ってことはよくあって、それで走破タイムが激時計になったりするが、わしはそれを厳しいレースとは考えない。

 12・2-10・4-11・8-12・4より、

 12・2-11・4-11・8-11・9

 のほうが厳しいレース。わしはそう考える。

 違うか?

 違うかもしれんが、それで万馬券が獲れるようになったのよ。

 スーパーラップとは、このように厳しいレースになって、上がり3ハロンではないところで、11秒5を切るラップがあること。

 ダイワスーカレット(勝ったのはウオッカだが)の天皇賞(秋)、上がり4ハロン目の11・3こそがスーパー。

 わしは長い間、上がり3ハロンのタイムばっかり注目してたのだが、重要なのは、テンの4ハロン目と、上がり4ハロン目なのである。

 ブエナビスタは、スピード指数では凡庸な馬だが、上がり4ハロン目のスピードで、この馬よりキレるやつは絶対にいない。

 勝つ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

佐藤優、お前の仕事は!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000147-mai-pol

 こんなことを言ってるやつと、ジャーナリズム、ノンフィクションは、何も関係ありません。

 つるむな!

 自分が権力と思いたくなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外務省、佐藤優、わしの金を返せ!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000147-mai-pol

 結局何もやらないんだよ!!

 何のために、外務省はあるの!?

 佐藤優さん、こたえてよ!

 わしの金、返せ!

 何もやらない、ってことは、常に、24時間、北朝鮮の武力攻撃の可能性がある、ってことだ。

 あーあ、アメリカの言う通りしてたら、こうなったじゃん!!

 佐藤優さん、コメントしてよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

思想書を読んでも無駄な時代

 いい時代になった。さばさばすらあ。

 そういえば、このブログに「このクソ左翼が!」ってコメントしてくる人もいなくなった。

 ちょっと前なら、北朝鮮の飛翔体発射に、日本共産党が反対し、社民党が棄権したことに、ネットは激怒する書き込みの嵐となっただろうけど、今はどう?

 ジュンク堂は、アナーキズム関連の書物を1階に並べたが、売れた?

 今の不況が、新自由主義によって引き起こされた、って書いてひとり悦に入って何になる?

「中国が大嫌いだ!」って書き続けている『スパ!』は売れてる?

 まるで関係ない。

 今、重要なのは、「死」をポケットに入れて、常に「死」と語り合うことだ。

 サブプライムローンを売って、1億円のボーナスをもらった人も死ぬな。

 グローバリズム、資本主義に反対して、デモをやる人も死ぬな。

 絶望して、爆発物を体に巻きつけて、バスに乗るイスラム教徒は、本当に、ちょっと、待ってくれ。

 満開の靖国神社で『同期の桜』を歌い続けているじいさんたちは……あ、この人たちは心配ないよね。

 アナーキスト? そんやつ、どこにいる?

 コミュニスト? みんな後期高齢者だよ。

 思想書を読んでも無駄。イデオロギーが無意味化した世界にわしは生きているわけで、長く生きるのは絶対に悪くない。

 ジョニー・ロットンは歌った。

 俺はアンチ・クライストだ。俺はアナーキストだ。

 ジョン・レノンは歌った。

 神はものさしだ。あんたの痛みを計るためのね。

 ルイ・アームストロングは歌った。

 ああ、なんて、素晴しい世界。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

佐藤優さん、インテリジェンスは何のためにあるの!?

 長い原稿を書き終えて、大樹氷のブラディマリーにタバスコ振って、阪神タイガース。

 最高ですか!?

 最高じゃん。

 アニキはもう、すごすぎます!

 シモはもう、のらりくらりですわ。

 お立ち台は、たまにしかに見られない「阪神 アニキ・シモ」の世界最高の漫才。

 文句なし、ですわ。

 これに比べて、日本の外務省は何やってんの!?

「北朝鮮に新決議を!」って息んでも、会議に出てこなかった国連大使もいたっていうじゃないの!?

 ロシアを説得できないとしたら、佐藤優さんの「インテリジェンス」や「テーブルマナー」って、なんだったのさ!?

 税金、遣い放題に遣いやがって!

 バラク・オバマは、「ああ、失敗したねえ。アホですねえ」かもしれんが、日本列島は完全に射程圏内じゃん!

 ああ、佐藤さんのエッセイはおもろい。機知に富んでいる。

 ゆーてる場合か!?

 テレビに出て、新型インフルエンザをマジで心配している辺見庸さん、コーポレーションのトップに会うと、ほぼ絶賛する田原総一郎さん、ハルウララで泣いて少ない原稿量で稼ごうとした重松清さん、そして、前職は仕事を全部しくじった佐藤優さん……。

 このメンツではジャーナリズムにもノンフィクションにも未来などないし、『現代』は潰れるべくして潰れたんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカは北朝鮮の飛翔体を回収しない

 わしが言ったとおりじゃん!

 北朝鮮は衛星打ち上げ成功と言う。

 実は失敗。

 でも、アメリカはミサイルがどこに落ちたのかわからない。

 回収もしないよ。てゆーか、できない。

 なぜなら、北朝鮮のミサイルがゼニになるからだ。

 自衛隊は、テポドンを絶対に迎撃できないのに、アメリカから武器を買えば、迎撃できるようなペテンが今後も繰り返されるからだ。

 国連はなぜ、日本に味方しない?

 当たり前じゃん!

 種子島宇宙センターから打ち上げられたロケット、何度、落下した!?

 太平洋上だからいいの?

 ヒューストンも砂漠だから、大丈夫!?

 そんなわけねえ。

 北朝鮮は、人工衛星の打ち上げの自由を主張したのだ。

 独裁国家だし、弾道ミサイルの改良型だからダメ!?

 そんなわけねえよ。

 人工衛星ロケットの原型は、すべて弾道ミサイルです!!

 元をただせば、ナチの技術。

 日本も弾道ミサイルの開発に成功した、ってことじゃん! 衛星打ち上げに成功したんだから。

 北朝鮮が、日本の脅威に対抗して何の不思議がある?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

散歩して、町田康

 競馬でやられたら、また長い執筆、そして散歩。

 また、ジュンク堂まで行って、これを座り読みしたら、

真説・外道の潮騒 Book 真説・外道の潮騒

著者:町田 康
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 止まらない。買うしかない。

 ああ、またしても、バンドで負け、文章で負けた後輩(「長幼の序」ですから)の、たぶん、相当リッチになった印税生活に寄与してしまった!?

 面白くないわけないじゃん!

 あの「マーチダ・コー」が、NHKのドキュメンタリー部門と、なんと、チャールズ・ブコウスキーをテーマにアメリカを旅する、と言うんだから。

 朝日新聞の記者と同様、最悪なのは、NHKの職員は、ほぼ全員が「うちの媒体に出たくない日本人はいない」と信じて疑わないことだ。

 そりゃ、ブコウスキーの映画をテーマにした傑作、『パンク、ハリウッドを行く』よりひどい展開になる。

 前半、30ページで既になっている。

 わしもスポーツノンフィクション『ラストラウンド』を書き、テレビに引きずり出されたことがある。

 BS朝日の番組だったが、

「この枠は、あなたの作品を映像化するために作った」

 とかね、

「僕はあなたの作品を映像化するために、助走としてこんな作品を作って来た」

 とか、むちゃくちゃヨイショするし、むちゃくちゃ熱い。熱いけど、「諸事情でわしがあの人にインタビューするのは無理」とか言うと、ぶんむくれる。

 ディレクターのなかに既に台本はできていて、スケジュールも決まっていて、……てゆーか、『ラストラウンド』はわしの作品だよ! 1000の言葉からひとつを選んで書いたんだから、後楽園ホール前の路上で、わしにインタビューしても、苦しげなハゲがいるだけだよ!

 グレート金山さんは、32歳でリングで死んだのである。

 後輩に威張れるのは、NHKBSよりわしの番組はさらにマイナーだったから、テレビでわしの作品は薄められたが、その本質をスタッフは理解していた。

 町田康が中原中也を語るテレビを見たけど……むごいよ。

 わしは、新刊本のプロモートになって、確実に50万円の得がなかったら、金輪際、テレビには出ない。

 テレビで心の底から尊敬する人(グレート金山さんがまさにそれ)を語ったら、まず間違いなく、後悔をする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 5日 (日)

国家、軍は国民を守らない

 なんてお粗末なミス!

 わしらの血税で作られたガメラレーダーも、分析しているのが、わしと同じダメ人間だったわけだ。

 で、何度も言うが、事故で我が国に落下する物体を自衛隊は絶対に打ち落とせない。

 北朝鮮のミサイルは、何のために存在しているのか?

 恐怖のためである。

 資本主義社会が、誰もがほしがる商品を作れなくなった今、恐怖だけが商売を成り立たせているのである。

 日本の防衛システムは今のところまったくダメなんで、また、アメリカから兵器を買う。

 カーライルに投資している、ブッシュ家、バラク・オバマ、麻生太郎、ジョン・メイジャー、ウサマの親族ビン・ラディン家はそれだけで大儲けだ。

 新型インフルエンザのパンデミックは明日起こるかもしれない。このガセネタで製薬会社の株を大量購入し、大金を得たのは、ドナルド・ラムズフェルドだ。

 アル・ゴアが説く地球温暖化で起死回生を狙っているは、日本製鋼所、東芝、ゼネラル・エレクトリックなどなど。

 こんな資本主義に明日はあるか!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 4日 (土)

大阪杯 ディープスカイが飛ぶ!

 スマンです!

 いやあ、土曜日はさっぱりでしたわ。

 しかし、明日はこの馬がいる。

 大阪杯、⑪ディープスカイ始動!!

 天皇賞(秋)のラップ。

12.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.3 - 11.3 - 12.6

 日本競馬が世界に誇る史上最強ラップだ。

 普通の状態で出てきたら、負けるわけありません!

阪神10レース

⑪単

⑪-⑩④①⑥

9レース

⑭単複

⑭-⑤⑯⑩⑪

8レース

⑬単複

⑬-⑦⑧⑫⑮

中山11レース

⑭単

⑭-⑬⑦⑤⑫

10レース

⑪単複

⑪-⑤⑨⑫③

9レース

⑤単

⑤-⑩①③

 このご時勢に、どうやったら、飛翔体発射の誤報が出せるんだよ!?

 不十分、ということになって、また、カーライルから、兵器を買うんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、北朝鮮の飛翔体で何も起こるはずはない

 まず、絶対ないのが、北朝鮮の飛翔体が事後を起して飛翔体本体や破片が日本に落ちてきて、それをイージス艦やパトリオットが迎撃するパターン。

 弾道が予測不能だもの。

 そもそも、種子島宇宙センターから発射されたロケットが何度、失敗した?

 同じことを北朝鮮がやったら迎撃する、っていうんだから、話はむちゃだ。

 わしの予想はこうだ。

 北朝鮮の飛翔体は、やっぱり、宇宙ロケットだったんだが、衛星打ち上げには失敗して、日本の自衛隊はその姿を捕捉しきれない。

 で、多分、北朝鮮の飛翔体は、太平洋のどこに落ちたかわからない、ということになると思うよ。

 北朝鮮は、衛星打ち上げ成功と報じるが、あの国のメディアほど信用できねえものはない、となるわけさ。

 これは大問題。当分、日本のマスコミは騒ぎ続ける。

 で、アメリカから、新たにイージス艦2隻とパトリオットミサイル数基を買う。

 オバマとブッシュとメイジャーとビン・ラディンは大儲け。

 ひょっとこ麻生は、戦時総理大臣として、総選挙で圧勝する。

 押し出しの強さだけなら、オバマにもサルコジにも負けねえもん。

 で、憲法改正を民主党に突きつける。

 皆さんに問いたい。

 北朝鮮の人と話したことがある?

 わしもない。

 マスコミの報道があるだけだ。

 海賊報道に続いて、マトリックスが始まるんでは?

 わしが権力者なら、簡単に騙せるもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bakanakadaさん、コメントありがとう!

 この反応が普通です。ノーマル。

 逆に、一本もないのが不気味だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G20から「地球温暖化」が消えた

 地球温暖化もグリーン・ニューディールも報道には一回も出てきていない。

 なぜ?

 考えられるのは、中国の極端な地位向上だ。

 温さんが「地球温暖化は消せ」と言って、G8は従わざるをえなかった?

 違うか?

 わしは、このブログで、地球温暖化は原発輸出ビジネスだ、と何度も書いてきた。開店休業状態の日米の国策会社が、アル・ゴアや安倍晋三などを動かして、原発輸出を画策してきた。

 しかし、消えたよ。

 よくわからんが、オバマが中国に「アメリカ国債を買ってください」と言いに行ったのだけは確かだよな。

 金を出す温の条件は、「グリーン・ニューディールなどというペテンは取り下げなさい」だったのかも。

 違うか?

 とにもかくにも、G20はなんの成果もあげなかった。

 タックスヘイブンを名指しにする?

 そんなこと、わしが明日ジュンク堂で立ち読みすればできるよ。

 ヘッジファンドを登録制にする?

 わしがファンドマネージャーだったら、「うちはヘッジファンドではありません。特別目的会社です」と言うよ。それで終わりじゃないの?

 それでも、追求されたら、会社であることもやめればいいんだよ。友達と集まって楽しんでいるだけ、と言えばいい。

 今回、サルコジとメルケルが共同記者会見を開いたのは、G8の中で、この御両人だけが「カーライル・グループ」ではなかったからだ。

 ひょっとこ麻生は?

「カーライル・グループ」です。日本政策投資銀行が、パパ・ブッシュ来日のときにカーライルに投資をしている。

 世界の希望、オバマは?

「カーライル・グループ」です。現に、イラクからの米軍撤退は、遅々として進んでいない。オバマはお金をもらいすぎたから。

 ここから見えてくるものは何か?

 2大政党制の国家は、銀行、金融資本が操っている、ということだ。

 我が国でいえば、自民党も民主党も、構造改革を唱え、ともに、「官僚が悪い」と言い、自民党がバカみたいな失態を繰り返すと、検察を動かして、小沢を追い落とす。

 ロスチャイルド一族が、戦争で大儲けしたように、「対立」がありさえすれば、どんどこ金儲けができる勢力がいる。

 しかし、どちらかが圧勝したら、ビジネスは終わり。

 丁半両方にカネを張って、どちらが勝っても大金が手に入る、という、むちゃくちゃインチキな博打場がなくなってしまうからだ。

 なぜ、そんなインチキが可能なのか?

 アメリカFRBが単なる私企業であるように、銀行、金融資本は、紙幣を印刷する権利を私的に独占しているからだ。

 ロスチャイルド一族は、戦争をしている国、両国の紙幣を印刷する権利を持っていた。一方がほとんど勝ったと思われたとき、敗戦しそうな国の暴落した国債を買う。そうした上で、負けそうな国に紙幣を印刷して援助し、ほとんど勝ったと思っている国に対する資金提供を断つ。

 インチキ、成り立つでしょ?

 で、まあ、カッコつきで書くが「独裁国家」中国である。

 世界に民主主義を広めているはずのアメリカが、人権ゼロメートル地帯である中国に「お金をください」と土下座しなければならないまでに落ちぶれた。

 ロンドンの銀行に突入して、玉砕した(のかどうかは判然としないが)人に言いたい。

 犬死じゃないし、犬死にはしないし、てゆーか、犬死にはならない。

 世界は変わっているんだから。

「アンチ・キャピタリズム」の旗を掲げなくても、キャピタリズムは、動力を失っている。

 貧乏に耐えよう。

 その先には、今まで見たことのない世界(それが天国でも地獄でも)が広がっているんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 3日 (金)

コーラルSで10万円じゃ!

 阪神タイガース、大勝利!!

 最高のスタート!!

 さあ、待ちに待った球春の到来です。

 ダート1400は、プロキオンSが超絶ラップ。

 休み明けで大敗しただけで、⑤シルクビッグタイムの印がここまで消えるか!?

阪神10レース

⑤単複

⑤-①⑬③⑭

9レース

⑧単

⑧-②⑦⑫⑨

8レースは勝負レースだ!

⑦単複大勝負!!

⑦-②④⑤③⑥⑧

中山11レース

⑮単複

⑮-⑦④③②

10レース

⑬単

⑬-①⑫③⑧

9レースは勝負レースだ!

④単大勝負!!

④-③⑦

 でも、球児がちと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊現代はなぜ、潰れたのか?

 わしのミスで、冊子「私と現代」に掲載されなかったわしの原稿全文です。

 ご笑覧ください。

 執筆依頼を手紙で受け取った。

 極貧ライターにとって、執筆依頼ほどありがたいものはない。しかも書面。丁寧だ。編集者との接点がメールのみ、打ち合わせなし、の昨今では、本当に久々。

 しかし、だよ。差出人は「『月刊現代』休刊とジャーナリズムの未来を考える会」。発起人は、魚住昭さんと佐藤優……。ん?

 なんで、佐藤優!?

 ジャーナリズムと佐藤優がどこでどうクロスする? 関係あるか!?

 佐藤さんは元外交官だから、ロシアの要人と会えたが、私には無理。

起訴されて本を書いてベストセラーとなったが、佐藤さん、今、ジャーナリストとして取材してる?

国家権力をバックに機密費使い放題の経験を書いて、やれ、インテリジェンスだ、知だ、マルクスだ(私がマルクスについて書いても誰も活字にはしてくれんよ)ってメディアが持ち上げただけじゃん!

私は、佐藤さんの外交は全部、失敗している、と思うが、どうか?

私は「ジャーナリスト」ではない。事件記事の依頼を受けて、「真実」も「報道」も書けない、と深く感じ入ったからだ。先入観、恐怖、取材者に対する申し訳なさ、そして、締め切りの前に、私個人の判断力なんて爪の先ほども信用できないと思ったからだ。

私は「ジャーナリスト」ではないが、佐藤優さんのような人が出てきたら、私の稼業を守るために闘う。100回闘って、ほぼ100回負けてきたが、それでも闘うよ。権力には書けない事柄がこの国の地べたには存在し、ストリートワイズみたいなもんは、権力に抗する部分を必ず有していたからだ。

だから、私の『月刊現代』に対する思い出も負けた記憶ばかりである。

「博打ばっかりやっているダメ人間が、渾身でノンフィクションらしきものを書いたけど、『現代』って誰が読んでいるの?」

 入り口の感想はこれ。

 皆さんに問いたい。本当に、ここ20年、誰がこの雑誌を読んでいた!?

 文字通りの背水の陣。お金がまったくなくなって、私は新宿駅西口地下の公衆電話から編集部に電話をかけた。

「今、撤去間際の新宿駅のダンボールハウス村を取材しているんですけど……」

「それ、送ってください」

 即答だった。私は泣きそうになった。

 池袋からの往復運賃300円。昼飯が立ち喰いカレーで350円。本当にお金がなくて、この取材費で講談社の原稿料をいただけるのなら、本当にありがたい。書く!

 私は地べたから動けない人を片っ端から取材した。

ほとんどの人が、「悪いのは自分なんで、ここにいる理由を聞かないで」と言うのでめげた。身につまされた。

私は、西口に座っている人の中で一番でかい白髪老人に声をかけた。

「俺は国鉄スワローズの鵜飼勝美だ」

 老人はそう告げた。

調べると、国鉄を金田正一がたった一人で支えていた時代のダメな4番打者だった。オールスターゲームに一度だけ選出された男。

ジャーナリストなら、ここでどうするのだろう?

鵜飼勝美に身分証を提示させる?

写真を撮って、家族を訪ねて確認?

「シゲをここに連れて来い! シゲが見たらすぐわかる」

 長嶋茂雄を連れて来るわけにはいかないとしたら?

 私は金田正一にコメントを求めたが、取材拒否された。

 私はしょんべん横丁でしこたま酒を飲んだ。

意識もうろうでダンボールハウス群に向かい、

「ウソでしょ? あんたは鵜飼勝美じゃない」

 当然、関係は決裂。

「シゲを連れて来い!」

 締め切りが来たんで、そのまま書いたら……。なんと、一言の注文もなく掲載。

 でもね、私がつけたタイトル「ダンボールハウスの4番打者」は、なんの断りもなくこう変更されていた。

「新宿ホームレスかく語りき」

 こんな雑誌、ダメでしょう?

 こんな雑誌が「ジャーナリズム」「ノンフィクション」を語る資格があるか!?

 80年代に私がいた『平凡パンチ』は、「ジャーナリズムを捨てたからダメになった」と言われた。

 でもね、「海開き 股開き」なんてタイトルの特集の原稿について、深夜まで徹底討論、書き直しを繰り返していた。ジャーナリズム、ノンフィクションじゃなくても、それが雑誌の常識です。違う?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

す~さん、コメントありがとう!

 かっこわるいまま、死を迎えるのも本望。

 でも、ケンカしないまま、死を迎えちゃ後悔する。

 ロンドンで暴れて、死んだ人もいる。

 犬死にじゃないよ。

 それは、わしが書いていかなきゃいけないこと。

 す~さんの言う通り、人生はヤリ、ヤラズだよ。

 ここ一番、ケンカして、ボロくおもろく負けましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G20と日本のノンフィクション

 ものすごく悲しいのは、日本の大きな出版社が、ほぼ、佐藤優の連載を抱えていることだ。

 面白いから?

 はい。それは認める。佐藤さんのコラムは面白い。

 じゃあ、佐藤さんの外交は?

 全部、失敗でしょ?

 今回のG20に佐藤さんが行っても、対米追従で、フランスもドイツも説得できなかったはず。

 面白いから連載決定。反権力の魚住昭さんが佐藤さんと対談。田原総一郎賞を、佐藤さんと魚住さんがともに作ろうとする。

 わしにいわせりゃ、そんなアホな、だ。

 こうなっちゃうと、本当にメディアは権力なのである。

 佐藤さんが検察批判をするのは当然だ。それにテレビ屋の田原さんが乗る。反権力の魚住さんも乗る。

 誰が一番得をする?

 自民党と株式会社、コーポレーションだ。

 官僚が悪い? 確かに悪いよ。でも、それは自民党も言っていることで、権力と権力の争いでしかない。

 官僚をメディアが叩いて、自民党の権力は生き延びるのである。

 派遣切りをした企業、株式会社、コーポレーションは、は人殺しをしてないか?

「インテリジェンス」なんて言葉を自分に冠して平気なやつは、下品であると同時に、読者をバカにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月 2日 (木)

す~さん、ほんとそう

 わしもかみさんにいつも言われる。

 ケンカしたらダメ。理があっても、ケンカした後のあんたは、かっこよくないと。

 肩の力抜いてます。かみさんから何度言われても、ケンカしてダメになってきた。

 ケンカするのが仕事だよ!

 家族にそんなことを言うのも、ノンフィクションライターの性なんだよなあ。

 穏やかにいきますわ。その性で雑誌は潰れたんだから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くるりさん、す~さん、まっちゃん、コメントありがとう!

 わしのミスなんだから、クソミソに言われるコメントの殺到を恐れていた。

 記事の削除もすべきじゃないと思ったし。

 ブログをやって本当によかった。

 ブログは会話です、やっぱ。

 たくさんの人にアクセスを頂き、ほとんどの人が「アホか!?」だったと思うんですが、ズンズンとアホをやるのも無意味じゃないのかも。

 本当に反省ですが。

 まっちゃん、野球、サッカー、ボクシング、なんでも付き合いまっせー! 変則娯楽として、飛田給に学生アメフトを観に行くってのはどうよ?

 ほんと、ずいぶんごぶさたしてますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナーキズム復権!?

 まあ、テープ起こしをして、これまで以上に伝わるように、読者が投げ出さないように丁寧に原稿を書いて……。

 ってまあ、日常である。仕事がある。売れたら、という夢もある。

 長い原稿執筆のとき、わしは池袋駅まで散歩する習慣がある。歩いていると、「あの書き方じゃないくてこっちだな」というのが次々に浮かんでくることがある。

 何喰おうかなあ。大勝軒? サイゼリア? とか考えていても、自然と浮かんでくることがあってけっこう貴重。

 で、ジュンク堂まで足を伸ばして、びっくらこいた。

 ジュンク堂っちゅーのは、平積みが最悪で、本屋のワクワク感がまったくのないのだが、1階の話題本のコーナーに、チョムスキーなどアナーキスト関連の、はっきり言って、クソ面白くない本が並んでいるじゃないの!?

 アナーキズム復権!?

 ロンドンでもそれらしきやつらが血塗れになっているしな。

 時代は変わっている。

 それは確か。わしが上京した1978年からこっち、街の本屋にあるアナーキズム関連本は、大杉栄を除けば、『墓標なきアナキスト群像』だけだった。

 でもね、わしはこれにはワクワクしない。

 ロンドンの暴徒には、「やれえ!」という野次を飛ばしたい。断固支持。

 だけど、人生棒に振って潰さなくても、G20はすでに自壊していると思うぞ。

 数値目標は出せないし、金融機関への規制はできないし、サルコジは椅子を蹴らない。

 もっと、権力が想定していない抵抗があると思うんだよな。

 イスラム銀行誘致、ってのはどう?

 うーん、時間がかかるか。

 マイクロクレジットもやる無利子銀行を「民主銀行」の名前で立ち上げるのは?

 わしがやったら、新銀行東京以下になるか?

 つまりは、お金を持っている人が、今の銀行からお金を引き出し、多くの人が株式会社の作る商品を買わなくなれば、それが最大の抗議である。権力者、支配者はマジで青くなる。

 まあ、誰もついて来てくれないんだけど、派遣切りをされた人たちは、本気でリベンジしたいならまず、なるべく株式会社の商品を買わないことだ。

 絵空事?

 希望はあるよ。

 現に、ハマー、RX-7、誰も買わないじゃん。30万円のパソコンが売れてるか?

 だから、わし思うのよ。9・11以降の不安がハマーを生んだのなら、世界がもっと不安な今、日産、マツダあたりが、頑丈さだけハマーなかっちょいい100万円の車を作ればいいんじゃない?

 頑丈なだけならコストは知れてるじゃない? 

 んなことないか?

 あ、株式会社の商品を買うな、って話だったな。

 丁寧に原稿を書く。それはやるから、他になんかねえかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 1日 (水)

ああ、もう本当に最悪じゃ!

 メールの送り方も知らないでライターをやっておるのか!?

 スマンです。

 結局、自分のミスやん!?

 スマンです。

 本当に最悪。自己嫌悪。

 執筆依頼じゃないんで、こういうこと、起こりうるよなあ。

 入力ミスをしているけど、わしのメールは送信済みアイテムにすんなり入っちゃってる。

 どこに送信されたんだよ!?

 原稿料はただですが、投稿したい人は下記メルアドへ。それだけだから。

 で、シンポに出かけて、わしの原稿が載っていない冊子を3000円で買わされる。

 わしはアホや!

 月刊現代が潰れたのもわしのせいだ。

 雑誌が潰れると、いつも思うよ。

 もっと真面目にやればよかった、と。

 もっと、こっちから編集者に働きかけて、徹底討論をして、読者が求めていることをしっかり考える。

 昨日、池袋をとぼとぼ歩いていて、落語のことを考えていた。

 今の落語家はすごいよ。

 しっかり作り込んでいる。

 しかも、ライブで客の反応もあってさらに磨かれる。

 シンポジウムをやるのなら、しょっぱなから、読者の質問に書き手が答えていく形にすればよかったんだよ。

 ノンフィクションで生き残っている書き手は、全員が、「俺は世界一原稿がうまい」と思っている。そうじゃなきゃやってられない部分もある。自意識ばかりが肥大する。

 今の落語がすごいのは、「俺はうまいでしょ」という自意識がほとんど消されたからなのではないか。昔はそんな落語家ばっかりだったけど、若手によって抹殺された。

 一方、読者には、切実さの優先順位がある。収入は減っている。

 ああもう、俺には月刊現代を買う余裕もないのか!?

 これも絶望。

 一方で、「俺はうまい」と思っている書き手は何を考えてきたのか?

 単行本のためにも、書き手をトレーニングする場である月刊現代は潰さんだろう。

 その程度のこと。

 だから、「俺の本はまだ比較的売れている」とか「いろんな媒体で書いている」とか自慢する。

 この落差は大きいよ。いかんともしがたい。

 わしらは、赤プリの最上階のバーで、格差社会について語り合っている。

 雑誌が潰れても、「日本のノンフィクションの世界は豊穣」なんて言って、ワインを飲んでいる。

 シンポの第一部が、結局「官僚、検察が悪い」という流れになったよね。

 それをやるのも仕事だよ。仕事をくれたらわしもやる。

 でも、読者にとっては、「またかよ!?」だよなあ。

 トレーニング中の書き手も、先輩たちを妄信しているから「官僚が悪い」とか書くのがノンフィクションだと思っている。

 落語には絶えずある「こうきたか!?」という驚きがもうないんだよなあ。

 反省中。今回の件を含めて。

 地べたのダメ人間をわしはずっと書き続けてきたが、それも今の絶望した人には届いていない。

 職人仕事はいつでもできるんだから、むちゃをやる必要があるのかもしれない。

 どんなむちゃかさっぱりわからんが。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »