« ノンフィクション作家なんて全員がクソだ! | トップページ | ネットはクソだと、ノンフィクション作家は言う »

2009年3月31日 (火)

高山文彦様

 高山さんにお会いしたのは、赤坂プリンスホテルの最上階のバーだった。

 高山さんが、そこに編集者を呼びつける、って場面だったと記憶していて、わしもうまい酒が飲みたいからついていった。

 ライターって同業者と会う機会がほとんどなくて、わしは本当は会いたい。会って、「こういう雑誌はどうですか?」という話がしたい。わしは高山さんの読者でもあるし。別冊宝島をやっていた頃は、けっこうそういう機会があって、「よし! わしらで雑誌創刊じゃ!」って言い合っていた。ひとつも実現しなかったけど。

 現代シンポで高山さんは、農業は楽しい、って延々と話していたけど、もう一度、あのバーでお会いしてその話を聞いたら、やっぱり、「故郷の山がなあ」というお話になるんだろうか。わしの故郷にも畑と山があるから。

 赤プリのバーでそういう話をしているわしも高山さんも、多分、この国の、大多数の絶望している人たちに届く言葉は書けないと思う。

 平凡パンチ時代、わしも忘年会の二次会は帝国ホテルのスイートだった。

 ただ酒飲み過ぎてますもん、わしら。

 ジャーナリストの皆さんは、死体を穿り回し、死に慣れっこになり、死に対す感情を失う訓練を施され、震災の神戸から帰って、大阪のホテルの最上階で酒を飲んでいた。

「書きたくない仕事は断る。長編しかやらない」

 いいなあ、高山さん。

|

« ノンフィクション作家なんて全員がクソだ! | トップページ | ネットはクソだと、ノンフィクション作家は言う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/28887466

この記事へのトラックバック一覧です: 高山文彦様:

« ノンフィクション作家なんて全員がクソだ! | トップページ | ネットはクソだと、ノンフィクション作家は言う »