« 景気回復? | トップページ | ピースさん、コメントありがとう! »

2009年3月24日 (火)

真に美しかったのはWBC韓国だ

 昨日、京都で取材があって、ホテルは11時に追い出される。

 ディープインパクトの凱旋門賞以降、わしは、「愛国者でありたい」と思い、パブリック・ビューイングをしようと思ったのよ。

 京都駅前に巨大なビックカメラがあるじゃん。

 観戦はタダじゃん。

 わしが座り込んでいると、店員が長いすを出してくるじゃん(偉い!)。

 最終的には100人ぐらい?

 拍手、歓声。

 でも、わしが戦術についてなんか言っても、反論してくる人はいない。

 競艇場じゃ考えられないでしょ?

 見ず知らずの間に会話は何もない。

 勝った!

 わしも叫び拍手した。

 でも、どうなのよ?

 確かに、確率論的に侍ジャパンは世界最強だ。

 イチローも、世界一のヒットゾーンでファールで粘り、甘い球を待って、センター前にはじき返した。

 キューバも韓国も、バリー・ボンズの超常的なバッティングを目指している中、そのパワーを交わす投球に徹した日本投手陣。

 確率論的には、世界最強なんだけど、「すげえものを見た」という感覚はない。

 京都ビックカメラでも、誰かが誰かと抱き合うでもなく、歌を歌うでもなく……。

 真に美しかったのは、韓国チームだったと思う。

 超人を目指し、実際夢のようなホームランも打ち、弱者の闘い方も徹底し、デッドボールを取りにいき、喰らいついて9回2死から同点に追いついた。

 国家意識、愛国心はもちろんダントツ、ぶっちぎりの世界一だ。

 国家を否定したい、と何十年も考え、でも、この感覚、タフさにわしが憧れてしまうのはなぜなんだろう。

 少なくともただ単に「確率は高い」と考えることより、愛国者のタフさは美しい。

|

« 景気回復? | トップページ | ピースさん、コメントありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/28786680

この記事へのトラックバック一覧です: 真に美しかったのはWBC韓国だ:

« 景気回復? | トップページ | ピースさん、コメントありがとう! »