« 競艇 市川哲也が大穴じゃん! | トップページ | 若葉ステークスで大穴的中じゃ! »

2009年3月20日 (金)

牡馬クラシックの大穴は?

 皐月賞はきっと、ロジユニヴァースの一本かぶりなんだろう。

 でもね、この馬、一度も厳しい流れを経験していない。

 行った行ったの競馬ばっかりなのである。

 評価できん!

 乗りやすいし、気性もいいし、勝負強さもあるが……。

 そこで、わしが注目するのは、「チェンジ」馬。

 リーチザクラウンの成長?

 もちろん、秋になれば、名馬かもよ。

 しかし、もっと、変わってきた馬がいる。

 ミッキーパンプキンだ!!

 荻Sでは、引っ張りっぱなしで逃げ、上がり34秒台。

 その後は惜敗続きだが、後ろでガマンできるようになった。つまり、ジョッキーの指示を守るようになったということ。

 キレる脚はない。まったくない。

 だから、皐月賞は出ムチ入れて逃げるべきだ。

 リーチザクラウンの武騎手も他の馬に行ってもらいたい、と思っているんだから、ハナを切るのはむずかしくはない。

 ペースはロジユニヴァースを中団に下げさせるぐらいのものにして、騎手全員に「行ったけど、あいつは関係ない」と思わしてしまう。

 鞍上がアンカツさんなら最高なんだけど。

 騙し逃げだな。

 しかし、こいつ、スピードがないわけじゃない。

 リーチザクラウンを巡って後ろが相互作用しているうちに、ひでえ時計で逃げ切り。

 どうよ!?

 そんなんねえよ! 絶対にない!!

 はい。

|

« 競艇 市川哲也が大穴じゃん! | トップページ | 若葉ステークスで大穴的中じゃ! »

コメント

ロジだが、ラジオ日経は厳しい。
逃げたリーチだけが厳しい逃げだったとみるのは
ど素人でっせ。

投稿: ピース | 2009年3月21日 (土) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/28700379

この記事へのトラックバック一覧です: 牡馬クラシックの大穴は?:

« 競艇 市川哲也が大穴じゃん! | トップページ | 若葉ステークスで大穴的中じゃ! »