« 自殺するな! 死ななきゃあなたの勝利だ! | トップページ | 小橋建太選手はアスリートである必要ないじゃん! »

2009年3月15日 (日)

裁判員は、テレビ、週刊誌、ネット見放題なの?

『サキヨミ』によれば、死刑判決を下すカリフォルニアの陪審員は、ホテルに隔離され、テレビ番組を制限され、新聞は黒塗りされてから渡される、っていうじゃない?

 日本の裁判員は、マスコミ、ネット見放題なの!?

 マスコミの端くれとして、わしは、ここがおかしいと思うんだよ。

 たとえば、「悲劇の家族」が「疑惑の不倫男」になった場合、雑誌を売らんとする編集長、デスクはもとより、現場の記者だって「真実」なんてものにはこだわらない。

 現場の記者の先入観、恐怖心、デスクが期待している記事、扇情的なタイトルを考えている編集長、と次から次にバイアスがかかる。

 問題なのは、そのバイアスそのものが札束を生むということ。

「証拠」にこだわっているフリーライターは失業する。

 重大事件の「テキスト」がそういうものだと知っていて、それで生活費を稼いだこともあるから(証拠は皆無でも締め切りはある)、わしは裁判員にだけはなりたくない。

 わし、テレビも週刊誌も大好きだ。

 もっと問題なのは、裁判後の守秘義務だ。

「サキヨミ」でも、オレンジ色の服を着て鎖につながれた「幽霊」に悩まされた人が出てきたでしょ?

「死」は重い。何よりも重い。心から離れない。理性や合理性がそのままでいられない場合が多々ある。

 それを溶かすものがあるとしたら、言葉だとわしは思う。

 誰かにすべてを話すこと。

 文章を書いて誰かに読んでもらう。

 日本の裁判員は、毎夜、玄関で待ち受けている「幽霊」(元ナチュラルボーンキラーかもしれない)に悩まされても、カウンセラーに裁判の中身を話してはいけないの?

 こんなバカな話はない!

|

« 自殺するな! 死ななきゃあなたの勝利だ! | トップページ | 小橋建太選手はアスリートである必要ないじゃん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/28637215

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員は、テレビ、週刊誌、ネット見放題なの?:

» 藤原紀香「そんなはずじゃなかった!!」追い討ちをかける過去の封印映像が流れた!!! [藤原紀香「そんなはずじゃなかった!!」追い討ちをかける過去の封印映像が流れた!!!]
藤原紀香 ブログ 藤原紀香 宗教 2ちゃんねる 藤原紀香 藤原紀香 離婚 藤原紀香 画像 藤原紀香 陣内智則 離婚 藤原紀香 陣内智則 藤原紀香 実家 藤原紀香 事務所 [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木) 04時19分

« 自殺するな! 死ななきゃあなたの勝利だ! | トップページ | 小橋建太選手はアスリートである必要ないじゃん! »