« 「す~さん」コメントありがとう! | トップページ | とったどー! »

2009年2月 5日 (木)

成長は宿命か?

 株式会社は、イギリスの喫茶店で始まったといわれている。

 まあ、博打です。

 遠隔地貿易をする事業主は、株主に配当を配った上に利益を上げなきゃいかんのだから。

 すでに、借金で博打をやる、ってこと。

 ギャンブラーは誰もが知っている、博打必敗の法則だ。

 さらに、シャイロック(ユダヤの金貸し)から借金をして、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教で禁じられている利子の支払い(世界人口の大半だろ!)に応じる(アントニオーニはこの時点で理想を語る資格なし!)。

 株主への配当と利子が商品の価格に組み込まれたのは、たかが400年の歴史しかない。

 それまで、パンはパンであり、金貨は金貨だったのである。

 反論はわかる。まあ、待て。

 でっかいことやるには、株式会社が必要だったんだよ。

 で、でっかいことやった。

 できた。

 よかった。

 で、もう、でっかいことを誰も必要としなくなった。

 となったらどうする?

 レバレッジなのよ。ここでも。

 わしらが買っている商品の20%、140円で買った食パンの28円が、が株主、銀行への返済に充てられている、という事実を知ったら、誰だって、20%オフにしろ! そう言うよね。

 で、今はどんな時代か。

 株式市場がダメダメで、銀行は民主主義国家からの援助(つまり税金)なしでは立ち行かなくなった。

 わしら国民は、商品を買っただけで銀行への返済をし、汗水たらして働いて納めた税金も銀行に渡しているんだよ。

 こんなに効率の悪い経済はあるか!?

 国益の30%が銀行、株主のために消える。

 銀行、株主は、生産をしたことが有史以来一度もない。

 だから、ほぼすべての銀行は破綻し、「歴史と信用」を誇る銀行は皆無となった。

 だって、今の日本のメガバンクは、10年前と同じだったところはひとつもない。

 冷静になれば、誰でもわかること。

 わしは、幸せな「個人投資家」(日本の株主)を一人も知らない。

 構造改革を唱えるのなら、資本主義の最大の障害である「利子」を撤廃すればいいのである。

 利子、借金、レバレッジがある限り、成長は宿命である。

 わしらには成長が必要か?

 もう一度書く。

 志低く、人生は楽しい。

|

« 「す~さん」コメントありがとう! | トップページ | とったどー! »

コメント

to stare mostat the Gallivespians,as much, she thought,people we ever saworal sex married catholic

"Yes. What wefound out whendeaths with us. This is where[url=http://justin.tv/mikk532/profile]oral sex married catholic[/url]

投稿: Amily | 2009年2月 5日 (木) 04時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/27788812

この記事へのトラックバック一覧です: 成長は宿命か?:

» モビットでのキャッシング [モビットでのキャッシング]
モビットでのキャッシング [続きを読む]

受信: 2009年2月 6日 (金) 06時57分

« 「す~さん」コメントありがとう! | トップページ | とったどー! »