« 天皇陛下、お願いします | トップページ | おいしいコーヒー »

2009年1月13日 (火)

法人、国家、労働者、そして、単なる人間

 この4極の対立だと、わしは思う。

 派遣切りをされた人は言う。

「もう、派遣社員にはなりません。正社員になります」

 正社員になれるか?

「ものすごくむずかしいですけど」

 そうでしょう。

 なぜなら、この発想をする人は、「法人」「コーポレーション」「株式会社」が生活の中心で、そこからなにものかをもらうことが人生だ、と考えているからだ。

「法人」は、そんなことこれっぽっちも考えていない。

 効率、コストダウン、国際競争力、レース・トゥー・ザ・ボトムのために、労働市場は「柔軟化」せねばならん。

 これ、平たく言うと、この地上には人間が多すぎるから、3分の1は殺す。

 そういうことだ。

 もう、「法人」「コーポレーション」「株式会社」からパンをもらえると思うな!

 御手洗会長は「単なる人間」だからこう言うよ。

「従業員の生活を考えない経営者は経営者じゃない」

 でも、「法人」はそんなこと爪の先ほども考えていない。

 じゃあ、「単なる人間」はセーフティティーネットによって、「国家」が助けなきゃいけないのか?

 人権宣言!

「人権宣言」が守られた国は、有史以来ひとつもないよ。

 わしが家を出て、1分も歩けば、人権宣言なき公園がある。

 ここにいる3人はタフ。この寒波に毛布だけで立ち向かい生きている。

 ポール・グルーグマンのコラムはわしも愛読者だったけど、公共事業をやればなんとかなる、わけねえじゃん!

 国家は「法人」より頼りにならない。

 そうでしょ?

 そもそも、福祉の世話にはなりたくない、と考えている日本人が少数派になったら、この国はおしまいだ。

 わしらは単なる人間だ。

 わしらにはなにが必要なのか?

 わからんけど、わしも考える。

 新しい思想が生まれてくるかもよ。

 そんな大げさなことはなくても、考えることで慰めがあれば幸い。

|

« 天皇陛下、お願いします | トップページ | おいしいコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/27079312

この記事へのトラックバック一覧です: 法人、国家、労働者、そして、単なる人間:

» 桜井"マッハ "速人のハメ撮り動画は本人確定か! [桜井"マッハ "速人 ハメ撮り動画の続報!]
某巨大掲示板から引用 - 本人も東スポでもFLASHでも認めてるしw [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 00時52分

« 天皇陛下、お願いします | トップページ | おいしいコーヒー »