« 北極の氷は増え、2008年は21世紀で一番寒かった | トップページ | なぜ、世界から需要が消えたのか? »

2008年12月23日 (火)

内藤大助 日本のボクシングが最高だ!

 戸田競艇場は、すごい人。

 でもなあ、差しもマクリもない「博打じゃねえ!」レースがやっぱり続き、シリーズ優勝、田中信一郎、賞金王、井口芳典という望んだとおりの結果にはなったが……。

 競艇って、教訓がない。余韻もない。

 ま、教訓がないから、頭真っ白で和めるのかもしれないが……。

 うちに帰って、牡蠣鍋をこさえて、焼酎、そんで、ボクシング。

 至福じゃ!

 山口真吾選手の頑張りがすごかったよ!

 チャンピオンも堂々と殴り合った。

 わし、「最高の娯楽は、ふらっと後楽園ホールに行き、立ち見で日本タイトルマッチを見ること」と書き続けてきたが、ゴールデンタイム中継の世界戦は、当たり外れ半々。

 今日の試合はすごかったでしょう。

 これぞ、日本の拳闘!

 その直後に、清原、桑田のドキュメンタリーが始まって……。

清原和博 野球バカ一代 (ゴマ文庫) (ゴマ文庫) Book 清原和博 野球バカ一代 (ゴマ文庫) (ゴマ文庫)

著者:中田 潤
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これを読んでください。

 テレビを観て、桑田真澄選手が、非常に複雑な宗教的人間だってことはわかったけど、すっきりせん!

 下品なのは、読売ジャイアンツである。

|

« 北極の氷は増え、2008年は21世紀で一番寒かった | トップページ | なぜ、世界から需要が消えたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/26438103

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤大助 日本のボクシングが最高だ!:

« 北極の氷は増え、2008年は21世紀で一番寒かった | トップページ | なぜ、世界から需要が消えたのか? »