« 賞金王シリーズ戦は松本勝也じゃ! | トップページ | 絶望? 未来には希望しかない! だから死ぬな!! »

2008年12月19日 (金)

場当たり的対応しかできないから、恐慌

 じゃあさ、80年代にホームレスになった人を国家は助けようとしたか?

 コーポレーションが明確に打ち出した派遣切りはなんとかしようとする。

 これ、すなわち、場当たり。

 ローズヴェルトも場当たりでやって、不況撲滅には時間がかかった。

 今の事態はどうか?

 わしは約半世紀生きてきて、世界中から需要が消え、さらに、魅力ある新製品が消えた事態を経験していない。

 資本主義がおかしくなったり、資本主義が先祖がえりしたんじゃなくて、資本主義自体が終ったのではないか?

 キャノンのプリンタ商売はその象徴。

 わしは結局、ブラザーの一番安い複合機をビックカメラのポイントで買ったが、しみじみ思うよ。

 もう、買い物にはワクワク感なし!! 皆無!!

|

« 賞金王シリーズ戦は松本勝也じゃ! | トップページ | 絶望? 未来には希望しかない! だから死ぬな!! »

コメント

本当に、世界中から需要が消えたのか?
わくわくしながら買い物をする人間はいないのか?

そんなことはない。
いくらでもいる。ただし、海の向こうの共産主義国家にw

バブルのように土地転がしで儲けたやつらがいる。
時代劇の悪代官よりも腐った地方役人がいる。
彼らと結託して、利益をむさぼる商売人…日本人も含めて!!…も存在する。

彼らの消費の旺盛さは日本橋でも見れば一目瞭然だ。

無論、そんな彼らに、土地を追い出された出稼ぎ農民たちも大都市にはごろごろいる。

彼らも、機会さえあれば、消費したいと願っていることは間違いない。
いわゆる、後進国の需要は消えてなくなりはしないだろう。

辛くなっていくのは、先進国。
そして、日本は先進国の中でもトップクラスに、生存権を軽く見ている!!!
それが、私を絶望的にさせるのだ。

年金の不安。生活保護の水際作戦。
保険料の値上げと、保険医療の引き下げ。
雇用保険の脆弱性と、労働組合の軟弱さ。
そして、内田樹いうところの、共同体の崩壊による、弱者が望んで格差を再生産する救われなさ。

日本中が銀行になったのだと思えばよいのだろう。
「晴れたときに傘を貸し、雨が降ったら取り上げる」のだと。

投稿: うへ | 2008年12月19日 (金) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/26302618

この記事へのトラックバック一覧です: 場当たり的対応しかできないから、恐慌:

» 派遣切り [チュチュ日記]
「派遣切り」防止策など雇用4法案、参院で可決 [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 12時31分

« 賞金王シリーズ戦は松本勝也じゃ! | トップページ | 絶望? 未来には希望しかない! だから死ぬな!! »