« 場当たり的対応しかできないから、恐慌 | トップページ | 愛知杯で年間プラスじゃ! »

2008年12月19日 (金)

絶望? 未来には希望しかない! だから死ぬな!!

 需要がなくなったからといって、世界が終るわけではない。

 コーポレーション、法人が死ぬだけ。

 それは、9・11の頃、すでにはっきりと現れていた。

 2000年、エンロンは崩壊し、サダム・フセインは石油取引をユーロで行うことを宣言した。

 2000年、投資会社カーライル・グループは、ブッシュ父、メイジャー元イギリス首相、ウサマ・ビンラディンの兄から「アメリカの軍需産業に投資する」契約を結んだ。

 ビンラディン家は、ダイエーの現金輸送会社買収で巨額の配当を得ている。

 この時点で、イカサマなしで「差異」を喰う資本主義は終った、とわしは思う。

 8年もかかった。長かったけど、我が祖国にとっては、タコ殴りにされたアメリカを殴り返すチャンスなんじゃないの?

 大金持ちはやれ。なんでせん?

 わしはせんけど。殴っても、買収しても、世界の需要は戻ってはこない。

 新型インフルエンザは流行しないし、地球温暖化も進行しない。

 増えたのは人殺しのみ。

 でもね。この先にあるのは、圧倒的な希望だ。

 ありのままの地上、世界、地球がそこにあるだけだから。

 もう、何も信じるな!

 情報のために死ぬな!

 手応え、肌触りだけで生きましょう!!

|

« 場当たり的対応しかできないから、恐慌 | トップページ | 愛知杯で年間プラスじゃ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/26303462

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望? 未来には希望しかない! だから死ぬな!!:

« 場当たり的対応しかできないから、恐慌 | トップページ | 愛知杯で年間プラスじゃ! »