« すべての愛国者に問いたい。これが愛する祖国か!? | トップページ | さあ、今年一番の対決! 天皇賞(秋) »

2008年11月 1日 (土)

学問の話

 ノーベル経済学賞というのがあって、今年受賞したポール・クルーグマンはこう言った。

「私が生きている間にこんなことが起こるとは思わなかった」

 私が尊敬する岩井克人さんもそう言った。

 経済学は学問ではない。

 実験も検証もないから。

 起きてから、「そんなはずじゃなかった」と言うのは、科学者の態度ではない。

 一方、元ソ連圏の普通の人はこう言っている。

「今起こっていることは、中学で習ったこと」

 マルクス経済学。

 となると、もう一度、階級間の闘争、から、革命じゃ!

 これも学問じゃない!

 実験は明らかに失敗なんだから。

 労働価値? それを観察し記録した人はひとりもいない。

 神の見えざる手? それを観察し記録した人はひとりもいない。

 400年の幻想が解けた。人類はそこから解放された。

 あとは、わしと世界、しかねえじゃん!!

|

« すべての愛国者に問いたい。これが愛する祖国か!? | トップページ | さあ、今年一番の対決! 天皇賞(秋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24911159

この記事へのトラックバック一覧です: 学問の話:

« すべての愛国者に問いたい。これが愛する祖国か!? | トップページ | さあ、今年一番の対決! 天皇賞(秋) »