« ネットから「ばくち」は抹殺された | トップページ | 忠告しておく »

2008年10月12日 (日)

じゃあさ、博打について定義しよう

 まず、誰の金を遣うか?

 わしは、博打が大好きだが、人の金で博打をやったことはない。

 中園社長は人の金を遣った。

 博打のダメなところは、寺銭、控除率とかいって、参加するだけで自動的に金を取られること。

 だから、博打は不道徳とされるが、中園社長がやった株取引でも自動的に手数料を取られるだろ。

 何が違う。株取引は道徳的?

 一般に、博打においては「負けたときの態度」で人間は評価される。

 中園社長はどうだった?

 保険会社がハイリスクの勝負をしたとき、それを「博打、バクチ、ばくち」と言ってはいけない理由を朝日新聞記者に問いたい。

|

« ネットから「ばくち」は抹殺された | トップページ | 忠告しておく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24441583

この記事へのトラックバック一覧です: じゃあさ、博打について定義しよう:

« ネットから「ばくち」は抹殺された | トップページ | 忠告しておく »