« 資本主義の400年マトリックス | トップページ | ありがとう、清原和博! »

2008年10月 1日 (水)

株価は反発 ひっそりと民営日本政策投資銀行スタート

 こんな皮肉はないだろう。

 今日、民営日本政策投資銀行がスタートしたが、100%わしらの血税で成り立っているこのコーポレーションが目指しているビジネス・モデルは?

 アメリカで全否定されたビジネス・モデル、投資銀行じゃん!

 麻生くん、国民に金を返せ!

 ダイエーの経営危機、ホークスをめぐって球界再編が叫ばれた頃、パパ・ブッシュが「カーライルグループ極東担当」の名刺を持って来日。ダイエー子会社の現金輸送会社を買った。その足で、日本政策投資銀行に向かったブッシュは、10億円(だったと思う)の資金獲得(つまりは、わしらの税金をアフガン戦争、イラク戦争に投資すること)に成功した。

 カーライルグループはダイエー子会社をすぐに売却、大儲けした。カーライルグループに渡った10億円がどうなったのか、わしは知らない。

 アメリカ発の世界大恐慌で「日本の時代が来る」という奇妙な言説があるが、そんなわきゃない!

 我が祖国は、アメリカの戦時体制に完全に組み込まれている。

 日本は「敗戦国」なのである。

 まず、アフガン、イラク戦争に反対した国から「アメリカの面倒などみてられん」となって、去っていく。

 当然だろ! イラク戦争は「イラクには大量破壊兵器がある」という壮大なウソによって開始され、おびただしい血、ゼニ、エネルギーが砂漠へと消えた。

 日本はアメリカとともに沈む。

|

« 資本主義の400年マトリックス | トップページ | ありがとう、清原和博! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24178862

この記事へのトラックバック一覧です: 株価は反発 ひっそりと民営日本政策投資銀行スタート:

» 4ヶ月で2800万円を実現できた競馬理論 [スリーゲート競馬]
競馬を始めた、最初の頃は、競馬が大好きで いつも朝の1レースから最終レースまでそして3会場すべて馬券を買わないと気が済まず、勝ったり負けたりを繰り返していました。いつも競馬新聞を買い、レースが終わったら家の中に投げ捨てていました。そんな日々が続いたある日のこと。ある日とうとう軍資金も無くなり、やること(競馬)がなかったのでしたが、いかんせん競馬が大好きなもので、しかたなくどっさり溜まった過去の新聞を眺めていました。そして出走馬と枠順と結果を細かく照らし合わせて「何か面白くて、...... [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 14時25分

« 資本主義の400年マトリックス | トップページ | ありがとう、清原和博! »