« 大和生命 わしらはワンエピソード? | トップページ | 株価暴騰! »

2008年10月14日 (火)

わしが言いたいことを整理しよう

 今の世界の異常なところは、人間じゃないものを人間のように語ることだ。

 たとえば、株式会社。「法人」とも言うが、こいつらは人の道をはずれたことを何度やっても、裁かれたことがない。

 エンロンがその典型。

 たとえば、市場。「市場は満足していない」とか言うが、市場は人間ではない。擬人化すな!

 市場が死んで誰が悲しむ?

 葬式をやるために宗教が出てくる?

 そんなことは歴史上、一回もなかった。

 人間が悲しむのは、身内、仲間の死だ。

 400年前に、シェクスピアが描いたのは、「人間の友愛VS金貸し」なのである。それが『ヴェニスの商人』だ。

 大和生命債権者説明会でしみじみ思った。

 400年たって、銀行引き落としで払っていた金が少なくなる、という現実に、がっかりした人たち。

 わしもがっかりだ。

 でも、今こそ、がっかりした人たちが、狂った金融資本主義、グローバル資本主義、新自由主義経済学を糾し、人間と人間の関係を再構築すべきじゃないか?

 違う?

|

« 大和生命 わしらはワンエピソード? | トップページ | 株価暴騰! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24486706

この記事へのトラックバック一覧です: わしが言いたいことを整理しよう:

« 大和生命 わしらはワンエピソード? | トップページ | 株価暴騰! »