« 権力者、学者、アナリストは「驚いている」と言うな! | トップページ | 博打必勝法は全人類の夢 »

2008年10月27日 (月)

あっさり。バブル後最安値更新

 底なんかない。

 すべての証券が無価値になる。

 次に来るのが、貨幣が無価値になるハイパー・インフレーションである。

 世界的な詐欺によって、証券は無価値になった。

 今の株安は、その穴埋めに大量の現金が必要になったからだ。

 詐欺証券を大量に抱えていたファンドは、株を売って現金を作り、顧客に返さなければならない。

 グローバル化した世界では、大国でも小国でも同じ動きが起きる。

 ここ数年、もてはやされた「ギャンブル必勝法」は、国際分散投資だった。

 アメリカのファンドは、タイの株を売って、バーツを受け取り、顧客から預かった金を返すためにバーツを売ってドルに替える。

 バーツは急落し、タイはインフレになり、通貨危機から国家危機へと事態は進む。

 この事態が一巡して生まれるのは、ブロック経済、戦時経済である。

 アイスランドに救いの手を差し伸べたのはロシアだった。ユーロ圏ではない。

 なぜなら、ロシアはアイスランドを手に入れることで、要塞としたいから。

 ウクライナはIMFに「金を貸してくれ」と泣きついたが、それで国家危機が解決されなければ、ロシア軍が侵攻してくるかもしれない。

 民主化によって、グローバルな「詐欺」経済に組み込まれた元社会主義国は、アメリカが資金が引き上げることによって、軒並み、戦争の危機を迎えるのかもしれない。

 パキスタンの国家危機は、核兵器保有国であるだけにさらに深刻だ。

 パキスタンで民主的な選挙をやれば、世界一の反米国家が誕生するのは必至。

「9・11」なんてもんじゃない。マンハッタン核攻撃が模索されるかもしれない。

 さらに深刻なのは、その計画に人類の半分が賛成するかもしれないこと。

 ウォール街の億万長者のおかげで、国民は誰も悪いことをしていないのに、お金を払ってパンが買えない--そんな国が世界で多数派になるかもしれないからだ。

 自由主義陣営が今すぐやるべきことは、国家間取引の新通貨創設である。

 まず、為替という名の「最終兵器」を撲滅しよう!

 広島、長崎の悲劇が繰り返されないために。

|

« 権力者、学者、アナリストは「驚いている」と言うな! | トップページ | 博打必勝法は全人類の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24783783

この記事へのトラックバック一覧です: あっさり。バブル後最安値更新:

« 権力者、学者、アナリストは「驚いている」と言うな! | トップページ | 博打必勝法は全人類の夢 »