« デニス・ホッパー、そして、菅原文太 | トップページ | 株価暴落の次は通貨危機? »

2008年10月 8日 (水)

緒方拳さんもまた、70年代、映画革命の闘士だった!

 まったく反省をしない極悪人を描いた映画は、『仁義の墓場』だとわしは思う。

 アンチ・ヒーローの極致が、あの映画の渡さんだと。

 当時、東映フリークだったわしは、松竹映画なんか観るかい、と思っていたが、文芸地下で観た『復讐するは我にあり』に打ちのめされた。

 恐いんだよ。緒方拳が。

 東映世界で無茶やる人はいくらでもいたが、緒方拳は、千葉真一、松方弘樹、宍戸錠などとは……まるっきり違っていた。

 暴れるんじゃなくて、微動だにしないのだ。不動。

 悪党であれだけのアップ、長回しで輝ける役者は、おそらく、もう、出てこないだろう。

|

« デニス・ホッパー、そして、菅原文太 | トップページ | 株価暴落の次は通貨危機? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/24349126

この記事へのトラックバック一覧です: 緒方拳さんもまた、70年代、映画革命の闘士だった!:

« デニス・ホッパー、そして、菅原文太 | トップページ | 株価暴落の次は通貨危機? »