« ウオッカ、最高だ! | トップページ | ウオッカがうまいねえ »

2008年6月 8日 (日)

ウオッカ、大復活!

 だから、今の競馬は面白い。

 安田記念のラップタイム。

12・1-11・1-11・4-11・6-11・7-11・4-11・4-12・0

 ヴィクトリアマイルのラップタイム。

12・4-11・3-12・0-12・2-12・1-11・2-11・0-11・5

 本当に速い馬、本当に強い馬は、流れが厳しくなればなるほど、本来のポテンシャルを炸裂させる。

 ブライアンズタイム系は特に!

 ウオッカの復活は、コンゴウリキシオーのおかげ?

 そうじゃない。レースのタクトを振っていたのは、岩田騎手とウオッカだった。

 ウオッカが前に出て、究極の馬体で圧力をかけたから、息を飲むほど美しい競馬が生まれたのである。

 独壇場、ってやつだ。

 岩田騎手のゴーサインは早すぎる?

 そう。「サンデーサイレンス時代」の常識としては早い。

 しかし、時代は変わっているんだよ。

 岩田騎手は、「ウオッカのギアはもうひとつある!」と信じて乗ったと思うよ。

 素晴しすぎる!

 ウオッカを買ってきて乾杯じゃ!

 追伸。ハイアーゲームは出遅れて、予想は大ハズレ。スマンです。

|

« ウオッカ、最高だ! | トップページ | ウオッカがうまいねえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/21501075

この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカ、大復活!:

« ウオッカ、最高だ! | トップページ | ウオッカがうまいねえ »