« エプソムカップで最後のお願い | トップページ | 戸田競艇でドロ親父になった! »

2008年6月15日 (日)

地震と情報化社会

 昨日、朝起きたときは、ヒヤッとした。

 1995年1月とそっくりだったから。

 仙台のかみさんの母親に電話してもつながらない。

 すぐに四谷に住んでいるかみさんの弟から電話があって「被害ゼロ」と聞いて胸をなで下ろしたが。

 彼は母にメールのやり方を教えていたんですな。偉い!

 高度情報化社会ってアホだ。一番必要なときに麻痺するんだから。テレビで災害伝言とか言っても、災害時、誰がテレビを観ている?

 携帯電話がつながるようにしようよ。そうじゃなくちゃ「高度」じゃないよ。

 わしは「きみが大人になった社会」みたいなイラストを散々、見せられて大きくなった。

 わしはエアカーにも乗ってないし、宇宙ステーションにも住んでいない。いまだに電柱はあるし、車はガソリンで走って事故を起こす。

 進歩したのは「情報」だけなのにこの体たらく。

 命を守る、って方向には進歩しないのが人類?

|

« エプソムカップで最後のお願い | トップページ | 戸田競艇でドロ親父になった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震と情報化社会:

« エプソムカップで最後のお願い | トップページ | 戸田競艇でドロ親父になった! »