« H記者さん、コメントありがとう | トップページ | わかった! 競艇 »

2008年6月17日 (火)

戸田競艇でドロ親父になった2

 結論。

 競艇は、公営ギャンブルで一番むずかしい。

 6日間、闘って、当たったのは5レースのみ。5本ぽっち。ぼうずが2日。

 最終日には、まあ、それなりに機力、選手の強弱は色分けできるわなあ。

 しかし、北岡淳の2勝は、ヒモ違いでドボン。

 痛恨は、10レース。

 20歳の松崎祐太郎がズコッと差して、よっしゃー!! 気持ちええ!

 おろ。

 モンスターマシンを駆っている枝尾賢はインで何してるのよ。

 アホか!?

 連単1点勝負したのは、ほぼ、このレースだけ。いつもは2点買っていたのに……。

 もう1点買うとしたら、そりゃ、香川友尚だよ。

 香川を買わなかった理由は……ない。

 香川ってなんかイヤだったから。それだけ。6日やっていると、理由のない感情の濃淡みたいなもんが生まれ、それはいかんともしがたいのよ。

 8920円あれば、サウナでドロ落として寿司屋、だったよなあ。

 松崎祐太郎の単勝は600円。400円儲けて、何をする?

 優勝は1号艇、内田貴志。おめでとう!

 こいつも、なんかイヤだったけどな。

「完璧」と言いくさった高沖健太は、まくり屋としても差し屋としても甘いよ。最後もやっぱり甘かった。

 グラチャンで本物の「ファイター」を探します。

|

« H記者さん、コメントありがとう | トップページ | わかった! 競艇 »

コメント

グラチャンは上瀧和則に注目ですぞ。
準地元でもあり、何号艇だろうと内にこだわるレースをするはずです。
05年に芦屋でSG競艇王チャレンジカップを勝ってますしね。
インが弱い戸田と違って、SGはイン優勢。
そのあたり考慮に入れつつ、しっかり勝って、しっかりドロドロになってくださいまし~。

投稿: kurosuda | 2008年6月18日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/21701060

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田競艇でドロ親父になった2:

« H記者さん、コメントありがとう | トップページ | わかった! 競艇 »