« 北野さん、コメント、ありがとう! | トップページ | ネルソン・デミルもびっくり! »

2008年6月 5日 (木)

バラク・オバマ、勝つ

 番狂わせ、ですなあ。

 それでも金持ちのクリントンが勝つ、というマヌケな新書があったよなあ。

 もう一度書くが、バラク・オバマって何者?

 オバマは、ウォール街の投資銀行に就職したのち、市民運動家に転身している。

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ Book エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ

著者:ジョン パーキンス
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本を読んでもわかるとおり、一度、アメリカの「金融帝国」に入った者は、抜け出そうとしても、なぜか厚遇され、抜け出せない。

 オバマ自身も自著でウォール街との太いパイプを白状している。

 オバマは、ウォール街にとって、ヒラリー・クリントンより扱いやすい人物なのでは?

 チェンジ?

 ないよ。多分。

|

« 北野さん、コメント、ありがとう! | トップページ | ネルソン・デミルもびっくり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/21430989

この記事へのトラックバック一覧です: バラク・オバマ、勝つ:

« 北野さん、コメント、ありがとう! | トップページ | ネルソン・デミルもびっくり! »