« イカを獲っても儲からん | トップページ | みんな、死ぬな! »

2008年6月19日 (木)

競艇生活を続けるには?

 畠山直毅さんが言った「競艇場の空気感」これはわかったのよ。だから、競馬はパソコンで在宅だけど、競艇は電車に乗って行こうと思う。水のそばって、ものを考えるのに一番いい場所なんじゃないかと思う。

 でも、一撃がないのよ。3連単で16000円とかって、獲ればうれしいだろうけど、暮らしの助けにはならない。競馬の馬単、10万円とか8万円は本当に生活の助けになっているもん。負けても、わしの場合、週1万3千円ぐらいだし。

 ダービーで1万7千円獲ってもその配当じゃあ足らないわけよ。気持ちよかったし、ダービーを獲れば、当分はいい気分なんだけど。

 競艇には、「一撃」がないよね。

 戸田で見た最高配当も52000円くらいだったか。夢がない。

 競馬は、毎回、10万円の夢を追えるわけよ。

 むずかしさは、多分、競馬より競艇でしょ?

 競艇は競馬と比べて、圧倒的にデータが少ないし、アンドリュー・ベーカーもいない。

 結局、その開催で「誰を追いかけるか」しかないと思う。

 追いかける相手が正解でも2着になるよなあ。山谷みたいに。

 わからん。

 幸せな競艇生活って?

 おしえて、KUROSUDAさん!

|

« イカを獲っても儲からん | トップページ | みんな、死ぬな! »

コメント

幸せな競艇生活……たしかに競艇には、10万,100万の配当は(稀にしか)ないっす。その部分を求めるなら、競馬や競輪にはかなわないっす。
ただ、普段100円張るところを200円張る決断、これは圧倒的に競艇のほうがしやすいはずっす。5万舟券に200円張れば10万、1万5000円に1000円張れば15万……って、これはまあ詭弁ですなあ。でも私は、この200円や1000円張る決断ができるってことが、めっちゃ気持ちいいっす。幸せっす。うーん、答えになってない。宿題にさせてください。

アンドリュー・ベイヤーはたしかにおらんですが、中田さんがなればいいっす。なってほしいっす。
ひとつ言えるのは、ゆるゆるラップをぶち壊す、都築政治のような選手が競艇には100人単位でいる。これだけでも、命より2番目を張る価値があると思って、競艇を愛している私であります。

投稿: kurosuda | 2008年6月21日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/21729475

この記事へのトラックバック一覧です: 競艇生活を続けるには?:

» 馬券ダントツ化メソッド−本命と中穴と時々万馬券: 博才ゼロの小心者でもできる!小額でも利益を出せる「馬券戦略」 [競馬]
勝てる!儲かる!競馬戦略論−7つの裏知恵詳細を見る結果 テーマ検索 関連テーマ記... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 04時11分

« イカを獲っても儲からん | トップページ | みんな、死ぬな! »