« 弥生賞 混迷の牡馬クラシック戦線を断つ! | トップページ | 万引きを捕まえる映像が消えた »

2008年3月 8日 (土)

ありがとう 内藤大助

 ベテラン同士の素晴しいボクシングでした。

 ポンサクレックは、全力を出し尽くした。

 それを跳ね返したんだから、内藤大助は、世界一のボクサーだ。

 すごいよね。

 体のさびしいところがまったくなくなり、今まで一番苦しくなる時間に、逆にスピードを急激に上げてきた。

 パンチのフェイントじゃなくて、「12ラウンドの常識」へのフェイント。

 自らの年齢に対するフェイント。

 こんなボクサー、見たことない。

 人生の一発大逆転とはこのことだ。

 いいものを見せていただいた。

 皆さんも、ボクシングが好きなら、韓国人ジャッジに対し、根拠のないバッシングはしないでください。

 私の採点は、115-113でポンサクレックの勝ち。

「ペースを握る」と「攻勢」のどっちを上にとるかで、採点は分かれると思う。

 内藤選手が大差判定勝ちしていたのが、これまでの日本ボクシングのホームタウンデシジョン。

 こういう判定が出たこと、私は喜ばしいことだと思う。

|

« 弥生賞 混迷の牡馬クラシック戦線を断つ! | トップページ | 万引きを捕まえる映像が消えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/11091117

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう 内藤大助:

« 弥生賞 混迷の牡馬クラシック戦線を断つ! | トップページ | 万引きを捕まえる映像が消えた »