« ヒラリー、アイム・バック! | トップページ | チューリップ賞 最強3歳牝馬登場! »

2008年3月 7日 (金)

チューリップ賞

 煮詰まってますわ。

 700号記念の『ナンバー』、プロレスコーナーにちっちゃいちっちゃい記事を書いたんでよろしく。

 プロレスの仕事、マジ久しぶりじゃん。

 さっき、チューリップ賞の出走馬を確認したんだけど、ソーマジックだとかシングライクバードだとか、トライアルに出てきそうだった馬がいない。

 だから、今の競馬はダメなんだよ。

 無理したって、この2頭は桜花賞の権利を取りにこなきゃいけないでしょ。

 2頭ともパンク?

 どう考えたって、トールポピーが勝つよ。順調にきていたら。

 そんで、勝負なんは、阪神JFで一番苦しかったアンカツ先生のオディールだけでしょ。

 この2頭で決まると思うがなあ。

|

« ヒラリー、アイム・バック! | トップページ | チューリップ賞 最強3歳牝馬登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/11030635

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞:

« ヒラリー、アイム・バック! | トップページ | チューリップ賞 最強3歳牝馬登場! »