« イージス艦の矛と盾 | トップページ | イージス艦1400億円で何ができるか »

2008年2月20日 (水)

ブッシュの正統後継者はオバマだ

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2007/08/cnnyoutube_762f.html

 いやはや……。

 暗いニュースリンクはチェックしてたが、この記事は知らなかった。

 これが本当なら、バラク・オバマは、アメリカの軍産複合体から正式に承認された大統領候補ということになる。

 映画『華氏911』を思い出してほしい。

 2001年9月11日、カーライルグループはワシントンで投資者会議を開いていて、そこには、パパ・ブッシュとウサマ・ビンラディンの兄弟(だっけ?)が同席し、いっしょにテレビでニュースを観ていた。

 その直後、飛行機が一機も飛んでいないアメリカ合衆国から、ビンラディン一族は密かにサウジアラビアに帰国した。

 カーライルグループは世界最大級のファンドだが、その実体はアメリカで十指にはいる軍需産業だ。

 そのアジア担当最高顧問だったのが、パパ・ブッシュで、その肩書きの名刺を持って来日したこともある。パパ・ブッシュは国策として進められたダイエー解体で子会社の現金輸送会社を買収。すぐに売り払って大儲けした。

 同時に、100%我々の血税で設立された政策投資銀行(だっけ?)からの融資も取り付けている。

 小泉純一郎はこの時点でカーライルグループの一員になっており、イギリスのジョン・メイジャー元首相もこのファンドへの大口投資者だ。

 そして、バラク・オバマ。「変化」を叫び全米を熱狂の渦にしている黒人大統領候補への献金の取りまとめ役がカーライルグループの常務取締役だ、と暗いニュースリンクは伝えている。

 カーライルグループにわしも入りたいと思う最大の理由は、この国際金融資本がアメリカ大統領と直結しているからだ。

 ブッシュ・ジュニアがイラク戦争をする、という情報をカーライルグループはいち早く知り、それがどんな戦争になるかを知り、最も儲かる軍需産業に投資する。

 カーライルグループにビンラディン一族が大金を張っているのだから陰謀説が出て当然だろ。こんなに巨額のインサイダー取引はないんだから。儲からないわけがない。

 陰謀であろうとなかろうと、「9・11」で国際貿易センタービル所有者を含めて、カーライルグループは全員が大儲けした。

 崩壊寸前のアメリカで好調なのは石油業界と軍需産業だけである。

 キリスト教原理主義者を手玉に取ったブッシュ・ジュニアは賞味期限切れ。

 カーライルグループが全力を挙げて送り出したのが、「反大企業」「反ロビイスト」を叫ぶバラク・オバマなのだとしたら。

 美しかったヒラリー・クリントンの眉間のシワが増え、下腹が出っ張るのも無理からぬことか。

|

« イージス艦の矛と盾 | トップページ | イージス艦1400億円で何ができるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/10628059

この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュの正統後継者はオバマだ:

« イージス艦の矛と盾 | トップページ | イージス艦1400億円で何ができるか »