« きれいだったよ、Dynamite! | トップページ | 淀川長治先生! »

2008年1月 8日 (火)

あ、そうか。ドルを受け取らなきゃいいんじゃん

 カミサンとテレビ観ながらメシ喰っていて、ちょっと驚いた。

 1ユーロが160円!

 わしが「えー?」ゆうとると、年の半分は海外にいるカミサンが、

「ギャラはドル? それともユーロ? って聞かれたら、間髪入れずに、ユーロ! って言うね」

 そういうことか。

 ドル支配はすでに終っているのである。旅回りの芸人のレベルでは。

「でも、アルゼンチンではギャラはドルでしかくれない」

 つまり、二つの基軸通貨が並存しているということである。

 ロシアは?

「ユーロでくれる」

 中国は?

「仕事をしたことがない」

 簡単じゃん!

 日本人は、なるべくドルを受け取らなければいい。それだけで、輸出産業は救われる。

 新自由主義はドルのアメリカが提唱して、世界各国に押し付けてきたんだから、1円でも利益の出る通貨で取引するのは当然だ。現在、その利益は1ドル当たり40円も出るのである。ユーロで決済するだけで。

 フィリピンパブでもロシアンクラブでも、外国人にドルでギャラを支払ってたら今に従業員はいなくなる。

 違うか? このへんがまだ、よくわからんわし。

 アホですか?

 なんとも残念なのは「ユーロ」という命名だ。それだけドル支配はきつかったんだろうけど、「アース」とかなんとか命名しといたら……。「グローバ」でも「インタ」でもいいじゃん。

|

« きれいだったよ、Dynamite! | トップページ | 淀川長治先生! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/9769153

この記事へのトラックバック一覧です: あ、そうか。ドルを受け取らなきゃいいんじゃん:

« きれいだったよ、Dynamite! | トップページ | 淀川長治先生! »