« 2歳王者は、スズジュピター! | トップページ | 特別目的事業体のために金を出せ? »

2007年12月 9日 (日)

やっぱり、プロレスラーが最強だ!

 おめでとう、セーム・シュルト。

 やっぱ、パンクラス王者は強いよ。

 レ・バンナのセコンド以外、変なシーンがあんまりなかったのも、好感。延長戦がないのは、方針?

 でもね、キックボクシングに未来はあるか、といえば……。

 いいキックボクシングの試合は、レミーの2試合だけだし、「キック王者」になったのは、10年前からの暴君だ。

 なかでも悲しいのは、ムエタイのムーブがK-1から消えたことだ。

 バンナがスターであることは、入場シーンを見ればわかる。でも、バンナは亀田兄弟といっしょなんだよ。パワーもスピードも文句なしだけど、打たれたとき全身が固まっているから、ダメージを受け、大きな怪我もする。

 ムエタイの構えはまず、ディフェンスだ。上体をそらし、アゴが一番奥。バンナとは逆なんだよ。そして、ローキックのディフェンス。

 そうやって、ムエタイ戦士は、殺し合いのリング、大金が飛び交う鉄火場を生き抜いていく。

 テレビのアオリでバンナが「もう金はじゅうぶんにある」と言っていたのは象徴的でしょ。

 バンナはスターで、大金を手に入れたが、ドン・キングのプロモーションに入って、ボクシングで惨敗したことは、すべてのメディアが隠しているタブーだ。なかったこと、にしている。

 ボクシング・ファンは誰でも知っている。なぜ、たった3ラウンドなのに、K-1で派手なKO劇が連続するのか。

 金があったら、タイに行きてえなあ。

|

« 2歳王者は、スズジュピター! | トップページ | 特別目的事業体のために金を出せ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/9313641

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、プロレスラーが最強だ!:

« 2歳王者は、スズジュピター! | トップページ | 特別目的事業体のために金を出せ? »