« ダリオ・アルジェント | トップページ | 株価はますます恐怖 »

2007年11月14日 (水)

タラデガ・ナイト

 毎週火曜日のTSUTAYA池袋西口店はえらい騒ぎ。DVDが半額の185円で借りられるから。

 午後9時に行くと、エリア・カザンの『欲望という名の電車』はなし。そんでこれ。

タラデガ・ナイト -オーバルの狼- DVD タラデガ・ナイト -オーバルの狼-

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 全米で大ヒットしたのに、日本では当然のごとくビデオスルーのコメディ映画である。

 いい映画じゃん。

 私、お国柄を知るにはその国のナンバーワン、コメディ映画を観るのが一番なんじゃないか、と思い、ま、海外旅行をする金もないし、観られる映画は観るようにしているのだが、これもアメリカのお国柄そのものでしょ。

 だから、ビデオスルーなんだろうけど、『ダヴィンチ・コード』より100倍面白いし、スカッとする。『ボラット』を公開するんなら、これと『ブルース・オールマイティー』の続編もどこかの映画館でやるべきでしょ。

 どんな判断なんでしょうか。

 日本人はこの映画では笑えない、ということ?

 5年前なら、絶対に公開していた。ということは、日米のお笑いギャップみたいなのが拡大したのか!?

 いずれにせよ、2000円あってヒマならアメリカン・コメディ、という暮らしをしてきた私にとって、なんとも暮らしにくい時代である。

 ま、ライフワーク。これからも北朝鮮の喜劇王、ルワンダの爆笑王を捜し求めていきますんで、ひとつ、よろしく。

|

« ダリオ・アルジェント | トップページ | 株価はますます恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/8908576

この記事へのトラックバック一覧です: タラデガ・ナイト:

« ダリオ・アルジェント | トップページ | 株価はますます恐怖 »