« 国民は「亀田家むかつく」から離れろ | トップページ | 亀田父と兄の反則指令 »

2007年10月15日 (月)

亀田大毅こそゴキブリである

 内藤大助選手のインタビュー原稿の第一稿を書いているうちに、我らが阪神タイガースは終戦。

 書いていて、テレビに視線を移す、の連続。

 やっぱり、タイガースの一発大逆転はなかった。内藤選手のようなことが起きるのは本当にまれだ。だから、わしは内藤原稿にわしの一発大逆転を託す。

 18歳の青年が、一回負けて、どうだって言うんだよ。しばらく引きこもって、「巻き返したる」と宣言すれば、100人が100人とも「よっしゃ、やってみい」と言うだろう。

 タマを打て、とか、ヒジでもええから目え入れろ、というのは、「一回負けたら終わり」ということだよなあ。

 1億人はそうな風には生きていない。

 負けっぱなしだよ、1億人は。

 学校で負け、受験で負け、スポーツで負け、100億円もらったって、松坂は負ける。松井秀喜も負ける。

「負けたら終わり」の人生なんてあるはずがない。

 あるとしたら、現実と違う場所で生きているからだ。

 それはどこか。「メディア」だよ。日々、世界の現実を伝えているメディアなんだよ。

 ここ10年、我が祖国で一番大きく変わったことは何か?

 情報がタダになったことである。「0円情報」が諸悪の根源だ。このブログも含めてね。

 テレビ局も出版社もあせっているよ。「0円」に勝つ付加価値は探しようがないから。

 そこで、そもそもの疑問。TBSのスポーツ担当の偉いさんは、亀田三兄弟の練習を見て、本当にボクシングの才能を見出していたのだろうか?

 亀田父が竹刀の先にグローブをつけて、突くよね。兄弟が顔を前に突き出したまま、上体にめいっぱい力を入れたまま、よけるよね。

 実際のボクシングでそんなシーンはあるか!?

 あ、そうか。TBSの偉いさんは亀田三兄弟の運動能力なら、『マトリックス』みたいな特撮映像が実際のリングでできる、と思っちゃったのか。

 いや待て。『マトリックス』は異様にのけぞるよね。なんで、亀田三兄弟だけ、相手がパンチを出すと全身が固まるの?

 なんで、絶対に勝てないスタイルを幼い頃から叩き込まれているのか。

 亀田大毅は、内藤が「打つぞ」という構えを見せたとき、固まったまま足だけでサササと後退したけど、それこそがゴキブリの動きやん。

 まあええよ。だれか将来ある18歳を助けてやれ。

 私は心の底から内藤大助という人間に感動した。大毅を今、支えてあげられる人が出てきたとしたら、多分、その人にも感動する。

 人生の意味は人間が人間に感動することなんだから。

|

« 国民は「亀田家むかつく」から離れろ | トップページ | 亀田父と兄の反則指令 »

コメント

Hello! Good Site! Thanks you! zxawkoltdricy

投稿: kysxmjczgd | 2007年10月23日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/8424708

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田大毅こそゴキブリである:

» モハメドアリと亀田大毅【団塊世代 暮らし 生活 ブログ】 [モハメドアリと亀田大毅【団塊世代 暮らし 生活 ブログ】 ]
亀田親子とモハメドアリとの誇りの違い亀田事件を見聞きしているとき、ふとモハメド・アリのことを思い出しました。そしてボクシング(殴り合い)に対する基本的考えの違いを感じたのです。『蝶のように舞い、蜂のように刺す』カシアス・クレイ(後のモ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金) 23時10分

« 国民は「亀田家むかつく」から離れろ | トップページ | 亀田父と兄の反則指令 »