« 内藤大助選手に会ってきたぞ! | トップページ | さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? »

2007年10月13日 (土)

亀田バッシングもええかげんにしたら? この世は亀田がいっぱいなんだから。

 ネットを見ていたら、悲しくなる。

 また、TBSに抗議電話、日本ボクシング協会に抗議電話……。

 違います。世界は亀田でいっぱいなんだよ。英雄・内藤大助選手だって、タイで防衛戦をやったらどうなるの? 興行権は押さえられとるのよ。

 現実を見てくれよ。

 タイに足を踏み入れた時点で、内藤選手はKO以外、防衛の道があるか?

 あるなら、ゆうてくれ。

 ある意味亀田家のおかげなんだよ。日本のボクシングがスポーツ化されたのは。

 大変な皮肉だが。

 それは、ラスベガスも同様。

 葛飾区立石の今日は本当に「微笑みの国」だったけど、関係者も内藤選手本人も「今は休ませてくれ」と言うしかない現実があるんだよ。

 今日、わしは「ボクシングジムに経営コンサルタントを入れろ」と編集者に口走ってしまったが、ああ、それをやったら、ハーフサイズのリングに胡坐をかいて、内藤選手とバカ笑いをすることもできないんだな、と思う。

 最高の世界があって、それは風の谷なんだよ。

 大毅くん、きみも風の谷にいる。

 裸で、18歳で。

|

« 内藤大助選手に会ってきたぞ! | トップページ | さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/8380249

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田バッシングもええかげんにしたら? この世は亀田がいっぱいなんだから。:

» Seven Powers 著者:アレックス・ロビラ 翻訳:田内志文 [自己啓発書の読書評]
あ~私は本当に素晴らしい本にまためぐり合うことができ、 本当にうれしく思っているのです。この本は、成功哲学を時代をはるかに坂のぼる、古代のヨーロッパでおこった歴史小説風に仕上げ、読みやすくしているところです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 10時25分

« 内藤大助選手に会ってきたぞ! | トップページ | さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? »