« ありがとう、古田敦也 | トップページ | 内藤大助選手に会ってきたぞ! »

2007年10月12日 (金)

ありがとう、内藤大助。この国にもまだ「いいこと」は起きる。

 素晴しい試合だった。

 内藤大助選手に初めてスポットライトが当たった試合だが、ボクシングはスポーツなんだよ、亀田くん。

 内藤選手は、1Rの足を使う戦法を続けることもできたが、「ぶん殴りたくなった」。

 なぜなら、「亀田をぶっ飛ばす」が「国民への公約」だったからだ。

 悲しいのは、あれだけの体力、運動能力、打たれ強さを持った亀田選手が、幼い頃から「上体を使ったディフェンス」を無視した「固まったファイティングスタイル」を叩き込まれてしまっている点だ。

 相手のパンチが来たら固まる。打てる距離になったときにしかパンチを打たない。カウンターを取れない。取る構えもない。打てる、と思ってからパンチを出す。

 これじゃあ、ボクサーじゃないよね。

 だから、反則攻撃を繰り返し、ケンカに持ち込むしかない。

 内藤選手のディフェンスも「超一流」じゃないので、中盤は亀田ペースにも見え、ひやひやしたが、11ラウンドは感動した。

 フェイント気味のボディーへのワンツーから、内藤選手は完全に自らのスタイルを蘇らせた。30分を過ぎてこれができれば、負けるわけはない。頭が激突することを恐れぬ勇気にも感服。

「ホールのスター」は、やっぱり、売られたケンカは買うのである。

 ボクシングは単なるテレビ番組ではないし、誰がなんと言おうと、ボクサーを「コンテンツ」なんてものに貶めてはいけない。

 内藤選手は証明した。

 ボクシングはスポーツである。

 ありがとう、内藤大助!!

|

« ありがとう、古田敦也 | トップページ | 内藤大助選手に会ってきたぞ! »

コメント

Hello! Good Site! Thanks you! vnsuozywivjn

投稿: pgnsqoexsu | 2007年10月23日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/8358557

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、内藤大助。この国にもまだ「いいこと」は起きる。:

» CF9 レビュー [投資競馬の真髄]
CF9 レビューCF9競馬ですが、本当によく的中致します。CF9理論は自分で1着、2着、3着を当てる(選ぶ)ものなので会員さんの中で1着、2着は分かるが3着がどうしてもわからない・・という方もたまにおられます。私はその時「1着、2着分か�... [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 12時11分

» 内藤大輔選手おめでとう!亀田ファミリー反則負け [ブログドア]
前代未聞の反則が乱れ飛ぶ中、防衛した内藤チャンピオン。その反則とは!?切腹問題はどうなるのか [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 14時45分

» 内藤大輔選手おめでとう!亀田ファミリー反則負け [ブログドア]
前代未聞の反則が乱れ飛ぶ中、防衛した内藤チャンピオン。その反則とは!?切腹問題はどうなるのか [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 14時46分

« ありがとう、古田敦也 | トップページ | 内藤大助選手に会ってきたぞ! »