« さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? | トップページ | 亀田大毅こそゴキブリである »

2007年10月14日 (日)

国民は「亀田家むかつく」から離れろ

 内藤大助生出演ってゆうからテレビを観ていたら、福留くんが猫なで声で、

「声援は聞こえましたか?」

 アホか!?

 内藤選手は、クレバー過ぎるほどクレバーなアスリートだが、ここはKYでいてほしいと心から願った。TBSの空気を読んだら、「コンテンツ」にされてしまうからだ。

 で、福留くんはなんか謝っていたよねえ。

 意味がわからん。

 とにもかくにも、テレビや新聞を読んでいる限り、ボクシングはどこにもない、ということだ。影も形もない。

『スポーツニッポン』は「最低の世界戦」という見出しを打ったが、どこが最低なの!?

「亀田家むかつく」という「世論」におもねっていたら、永久に亀田家中心にビジネスが続いていくんだよ。亀田家の思うつぼだよ。

 スポーツ新聞だろ。スポーツの真実を伝えろよ。

「亀田家、ええ気味や」というのはスポーツじゃない。

 少なくとも運動能力は抜群の将来ある18歳をあそこまで追い込んだのは誰なんだよ!?

 ボクシングだけが放置されている。

 マスコミ(わしも含めて)の劣化は、北朝鮮クラスだ。

|

« さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? | トップページ | 亀田大毅こそゴキブリである »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/8400853

この記事へのトラックバック一覧です: 国民は「亀田家むかつく」から離れろ:

« さあ、秋華賞 勝つのはどっちだ!? | トップページ | 亀田大毅こそゴキブリである »