« 京王杯AHはカンファーベスト | トップページ | 安倍くん、職場放棄 »

2007年9月 9日 (日)

藤川球児の魔球は消えた

 勝った。勝ったけど、ホンマ、苦しかった。

 岡田監督は、「背水の陣」を解いてしまった。

 首位に立ったからか?

 ウィリアムスは戻ってきたが、7回マウンドには江草。

 二岡はプロのなかのプロ、失投は打ちそこなわない。同点。

 今日一番、苦しかったのは、藤川球児だろう。

 魔球「ストレート」はもう投げられないんだから。

 空振りが取れない。芯を外せない。なぜなら、「魔球」は、単なるストレートになってしまったからだ。

 肩をぐるぐる回すポーズは、今シーズンから。シーズン初めから本調子ではなく、疲労が追い討ちをかける。

 精神力しか残っていない。

 藤川の投球までのしぐさは、合気道だと私は思う。本人に確認してみたいといつも思う。

「魔球」は「気の外し方」でもあると思う。

 対する小笠原道大が、どんな打撃練習をやっているか、知ってる?

 バントの構えから流し打ちでレフトポールを狙う、という打撃のくり返しである。

 で、試合になると、ヘルメットが吹っ飛ぶフルスイング。

 変化球を投げた藤川に「ちんちんついとんか!?」と怒鳴った清原和博とは明らかに違う。

「ミートの達人」にフォークを投げ、藤川はタイムリーを打たれてしまう。

 苦しい。

「魔球」はもう投げられない。

 あとは気持ちだけ。

 格下からは必ず打って、ニタニタ笑う二岡には、異変を悟られてはいけない。

 本当によく勝ったと思う。

 阪神優勝!

 絶対に優勝だ!!

|

« 京王杯AHはカンファーベスト | トップページ | 安倍くん、職場放棄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/7876300

この記事へのトラックバック一覧です: 藤川球児の魔球は消えた:

« 京王杯AHはカンファーベスト | トップページ | 安倍くん、職場放棄 »