« 単純ミス | トップページ | ピース様 »

2007年5月 8日 (火)

何を言ってるんだよ、古舘さん!?

 今夜は、こんな世の中に住んでいる怒りと悲しみの報道ステーションです、だ? あ?

 すぐ出てきたよ。今日のスポンサー、アフラック。ここの副社長、チャールズ・レイク2世とは何者なのか。

 1992年から、米通商代表部の日本部長だよ。「グローバル・スタンダード」という頓珍漢な言葉を日本に持ち込んだのがこいつ。主張は当然……。

 構造改革。特に郵便局の簡易保険はつぶすべき(これがイの一番の主張。「「これをやらなければ、小泉改革の市場に与えるインパクトはなくなる」と言うが、なんで? ちんぷんかんぷん)、そして、医療制度改革(アフラックはガン保険でのし上がってきた会社だからね)。小泉首相マンセー!

 絶対に宮内義彦さんの仲間だ。

 今日の『報道ステーション』のトップニュースは、トラックとバスの悲惨な交通事故だったが、トラックドライバーの苛酷な労働環境が小泉構造改革の最悪の結果だ、と古舘さん自身が同じ番組で指摘していたじゃないか。

 アメリカン・ファミリーのレイクにもそう指摘すべきだ。それとも、古舘さん自身、すでにアメリカン・ファミリー!?

 アメリカン・ファミリー保険なんだから、アメリカで商売しろ、と私はかねがね思っていたのだが、「アフラック」と改称して「アヒル町」で商売をするようになった。

 アヒル町なんて日本にもアメリカにもねえよ!

 しかし、こいつの儲けがすごい。

 2001年の法人申告所得で、外資としてはIBMに次ぐ2位。IBMは中国企業になったんで、現在はダントツの1位?

 日本での利益がグループ全体の70%を占め、我が祖国の4世帯に1世帯がアフラックの保険に入っているという(2002年3月の山崎拓さんとのネット対談によれば)。

 レイク曰く。

「(ガン保険は)将来に不安があるほど、ニーズか強くなる商品です」

 率直。

アメリカは恐怖に踊る Book アメリカは恐怖に踊る

著者:バリー・グラスナー
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 死、恐怖、不安、戦争、殺戮、死病が金を生むのが現在のグローバル資本主義である。

 ガンで苦しんでいる人、ガンで死んでしまった人にとって、アメリカン・ファミリーの日本上陸は、どんな意味をもっているのだろう。是非、コメントをください。

 日興コーディアルにアフラック……我が祖国の「報道」番組に金を出す企業として、適格といえるか!?

|

« 単純ミス | トップページ | ピース様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/6352164

この記事へのトラックバック一覧です: 何を言ってるんだよ、古舘さん!?:

» 簡易保険の気になる記事 [株・経済情報局]
株や経済などの気になる記事を紹介します。簡易保険に関する最近の記事をまとめてみました! 簡易保険(あと40日) 3、「倍額支払制度」により、加入から所定期間経過後、重大な過失などがなく不慮の事故・特定感染症が原因で... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 00時03分

» 昨日見てたんだから。 [しずく]
背の高い女と歩いてたでしょ!!今すぐ私に連絡して。 [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 21時45分

« 単純ミス | トップページ | ピース様 »