« 阪神ジュベナイルフィリーズは新コース | トップページ | 俺らの誇り、岩本輝雄 »

2006年12月 3日 (日)

ダメ人間完成の巻

日韓連合 DVD 日韓連合

販売元:GPミュージアムソフト
発売日:2006/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いやあ、久々にボコボコに競馬に負けましたわあ。んで、昨日、ドンキホーテで2本2980円で買ったワイルドターキーを……。

 うわ、また、やけ酒かよ!?

 うぐうぐうぐうぐ……プハー!

 そしたら、借りてきたDVDを観てないことに気づいたわけよ。

 それが上記。

 なんで、こんな映画借りてきたんじゃろ?

 飲んでたんだな。

 そんでまあ、1970年代の我が青春をだなあ……。

 暴走族じゃなかったろ?

 うん。ブハー!

 ミュージアムの実録シリーズの中でも一番安い! あっぱれ!

 でもね、主人公の野山ってのがいいのよ。

 朝高の番長に日本刀(なんで?)持って殴り込まれたら、血を混じり合わせて兄弟の契りを交わす。殴り合いとかなしで。誤解が解けたんで。

 警察に親友が逮捕されて、護送車を襲うというバカなんだけど、全国指名手配されると、関西の5大暴走族をまとめるために直談判を繰り返す。

 最初、「ブラックエンペラーみたいな有名な族が関西にはない。わしも族で悪名とどろかせたる」と言って、クレイジーホースという暴走族を立ち上げたはずが、最後は凶状持ちで下北沢に行ってブラックエンペラーのアタマと握手を交わす。

 全方位外交なんだよ。地域も国籍もない男、野山。

 映画ではうまく描かれてないんだけど、野山は「共通の敵は警察だろ」と説得して回ったようなのだ。

 ちなみに、マイカントリーの岡山に当時、君臨していた族の名前は「桃太郎」じゃ!

 郷土愛かよ!?

 わしの友達の野口くんというやつがやってた5人ぐらいの族「ヨゴレ軍団」が「桃太郎」の集会に呼ばれたときの話は、私が生涯で一番笑った話のひとつだ。

桃太郎のアタマ「野口、マイク渡したるけん、挨拶せえ」

野口「あ、あの、僕らは総社市で走っているツーリングクラブです」

 40分ぐらい笑いが止まらなかった。

 野口くん、野山になれず。

|

« 阪神ジュベナイルフィリーズは新コース | トップページ | 俺らの誇り、岩本輝雄 »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/4415492

この記事へのトラックバック一覧です: ダメ人間完成の巻:

« 阪神ジュベナイルフィリーズは新コース | トップページ | 俺らの誇り、岩本輝雄 »