« ショック! | トップページ | ジョージ・クルーニー »

2006年5月22日 (月)

また1800円ドブに捨てた

いやあ、えらい目にあった。
ジョージ・クルーニーの『グッドナイト&グッドラック』である。
これはひどい。
アメリカのテレビ界を描いているのに笑えるシーンゼロ。てゆーかニヤリとするシーンすらない。
で、テレビは報道のためにある、というんだけど。
違う。断じて違う。
この映画を観てわかるのは、テレビはまず、娯楽のためにあり、少なくともこんな映像を流すためのものじゃないってことだ。
正直、これを持ち上げてたチクシテツヤの首を絞めたい気分だな。ジャーナリスト必見じゃねえよ。

|

« ショック! | トップページ | ジョージ・クルーニー »

コメント

http://sdardfsfbbgrg.host.com
desk3
[url=http://sdasdfsfbbgrg.host.com]desk4[/url]
[link=http://sdaadfsfbbgrg.host.com]desk6[/link]

投稿: Alexusa | 2007年1月24日 (水) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/1897234

この記事へのトラックバック一覧です: また1800円ドブに捨てた:

« ショック! | トップページ | ジョージ・クルーニー »